主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかあらすじネタバレ4週21話&感想,藤岡てん商い勝負結果は?

2017.10.25

わろてんかあらすじネタバレ4週21話と感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか4週21話では、北村啄子の発案で商い勝負をすることになります。

商い勝負は北村藤吉が買い付けてきた古米や外米を売ること。

しかし古米や外米はなかなか売れるものではありません。

商い勝負は藤岡てんと杉田楓のどちらが勝つのでしょうか?

どうやら藤岡てんには商才があるようです。

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ4週21話を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週21話のまえに20話おさらい

わろてんか4週20話では藤岡てんが北村屋の女中として働くことになります。

藤岡てんは慣れない洗濯をしたため、指の皮がむけ出血していまいました。

ですが北村藤吉が仕事を懸命に覚えようとしているのを知り、藤岡てんも女中の仕事に精をだします。

北村藤吉が出先から帰ってきて、藤岡てんの手の傷に気づき藤岡てんを慰めるため冗談を言って笑い合っていると杉田楓がやってきます。

北村藤吉が杉田楓に結婚する気がないことを伝えると、なんと杉田楓が泣き出してしまいました。

杉田楓が泣いているところへ北村啄子が現れ、北村藤吉と藤岡てんは許嫁を泣かせたことで注意されます。

しかし北村藤吉は藤岡てんが許嫁だと反抗。

すると北村啄子が杉田楓と藤岡てんに商い勝負をさせると言い出します。

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ4週21話に入ります。

 

わろてんかあらすじネタバレ4週21話,内助の功で北村屋と藤吉をどっちが救う?

北村啄子の発案で藤岡てんと杉田楓は商い勝負をすることになりました。

2人の商い勝負は外米や古米をどちらが多く売りさばくかです。

2人が売ることになった外米や古米は北村藤吉が米の買い付けで高額で買わされてしまったもの。

仕入れ値が高いため、売るのには問題があります。

そこで北村啄子は藤岡てんと杉田楓のどっちが多く売りさばくかを勝負させることにしました。

北村啄子曰く、内助の功でどちらが店と藤吉郎を助けられるかを見極める良い試験とのこと。

まずは2人がそれぞれが古米を売り始めます。

杉田楓は慣れた手つきで古米を順調に売りさばいていきます。

 

 

杉田楓が順調に売りさばけているのは、売る米の後ろに立ってお客に買いやすくしていることや身なり。

藤岡てんは売る気満々で米の前に立ちお客が逃げてしまいます。

そして身なりは疲れているような顔をし、手は荒れ髪も乱れています。

藤岡てんの米が売れない理由を北村啄子に指摘され、そのことに気づいた藤岡てんは頬紅をさし、傷ついた指はリボンを巻き元気に見えるようにして再度米を売り始めます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週21話後半,勝敗結果は藤岡てんの商才で決まり?

それでもやはり思うに売れません。

そこで藤岡てんは女中トキに古米の食べ方を相談します。

トキが言うには古米は臭いがあるので酒を入れたり油をいれるなど手を加えるのだそう。

そこで藤岡てんは古米を団子にする方法を見せ客に食べさせます。

藤岡てんの考えた方法は今でいうレシピ提案。

 

 

団子を試食した子供たちが母親にねだり、米が勢いよく売れ始めました。

次は外米を売らなくてはなりません。

それで今度も外米の食べ方を考えます。

そこで思いついたのが北村屋に米を買いに来るインド人です。

藤岡てんはインド人にカレー作りを手伝ってもらい古米と同じようにレシピ提案をし試食させます。

その頃は大阪でもカレー人気が広がり始めたいたので多くの客が集まり次々と外米を買っていき店は大賑わいとなりました。

大賑わいの店に出先から帰ってきた北村藤吉は藤岡てんに「あの米を売ってくれて、おおきに」と頭を下げます。

そこに北村啄子が近づいてきて、藤岡てんに「あんた、客に振りまいた分の材料代をちゃんと勘定しているのか?」と問い詰めます。

藤岡てんはそこまで考えてはいませんでした。

しかし北村啄子は「まあ、生きたお金を使うことはいい」と話し別の部屋に連れていきます。

北村啄子が藤岡てんを連れて行った部屋には北村屋の家訓が飾ってあり、北村啄子が北村屋の家訓について説明します。

北村屋の家訓は3つで「始末・才覚・算用」

始末は節約ではなく、無駄な出費を抑え使う時には生き銭を思い切り使うこと。

才覚はどこに商機があるのか見極め、誰もやらないことをやること。

算用は金勘定することではなく、帳尻を合わせることで損して得を取ること。

藤岡てんの米の売り方は北村屋の家訓に当てはまります。

そのことを認めた北村啄子は納得はいかないものの商い勝負は藤岡てんの勝ちだと伝えました。

しかし北村藤吉は藤岡てんに米の埋め合わせをしてもらったことで1人北村屋で浮かない顔でそろばんをはじいています。

そこへ杉田楓がやってきて、北村藤吉に「ウチを選んでください」とお願いします。

杉田楓が言うには、惚れた腫れたの嫁は船場にはむかないとのこと。

北村藤吉はあまりに唐突だったので動揺してしまいます。

その頃、武井風太が京都から大阪に仕事の配達に来ていました。

武井風太は北村屋に寄って帰るつもりのようです。

ここでわろてんか4週21話は終わりです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週21話の感想,北村啄子も藤岡てんを認めた?

わろてんか4週21話では藤岡てんと杉田楓が商い勝負をすることになってしまいました。

杉田楓は石にかじりついても北村藤吉との縁談は譲れないと言っていました。

藤岡てんもやはり譲れません。

個人的には藤岡てんに勝利していもらいたいと願っていましたが、杉田楓は船場の商家の娘。

とても商売上手です。

そろばんも得意なので、そろばんを使ってお客との交渉をします。

一方、藤岡てんはお客と金銭的な交渉はできず、釣りまで間違えてしまいます。

しかし藤岡てんは当時誰もしていなかった、レシピ提案をし試食してもらい多くの客に米を買ってもらうことができました。

しかも客が笑顔になり喜んで米を買っていったのです。

藤岡てんには商才があったようですね。

藤岡てんの商才を北村啄子も認めざる負えません。

藤岡てんが北村屋ではなく藤岡屋の跡継ぎになっていたら藤岡屋も今以上に大きな店になっていたのかもしれませんね。

藤岡屋と言えば、どうやら武井風太が仕事で大阪に来ているようです。

武井風太は北村屋に寄って、藤岡てんの様子をみてから藤岡屋に帰るつもりのよう。

なんだか一悶着ありそうな気配ですね。

それでは明日のNHKわろてんか4週22話を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



関連記事

人気記事

登録されている記事はございません。