主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかあらすじネタバレ4週24話&感想,着物を盗んだ犯人は誰?

2017.10.28

わろてんかあらすじネタバレ4週24話と感想をまとめてみました。

わろてんか4週24話では着物を盗んだ犯人が誰だったのかが分かります。

藤岡てんの祖母が縫ってくれた着物を盗んだ犯人は、許嫁の杉田楓なのでしょうか?

しかし着物が盗まれたお陰で杉田楓と仲良くなれたようです。

じつは杉田楓は藤岡てんの生き方に嫉妬していたようなんです。

杉田楓と藤岡てんの関係はどうなるのでしょうか?

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ4週24話を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週24話のまえに23話おさらい

わろてんか4週23話では藤岡てんが窮地に立たされていることを知り、藤岡しずが北村屋を訪れます。

そして藤岡しずは北村啄子に藤岡てんを一人前に仕込んでもらうようお願いします。

じつは藤岡しずは北村屋に着くまで、藤岡てんを連れ戻すべきか考えていました。

しかし藤岡てんの顔を一目見て、藤岡てんが連れ戻されたくないと願っているのが分かったのだそう。

そして藤岡てんには北村藤吉と墓場まで添い遂げるようにと、祖母が縫ってくれた死装束を渡します。

藤岡てんはその着物を抱きしめ、どんな苦難にも耐え北村藤吉と墓場まで添い遂げることを誓います。

しかしその大切な着物が盗まれてしまいました。

女中トキは杉田楓が盗んだのではないかと疑います。

それではわろてんかあらすじネタバレ4週24話に入ります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週24話,着物を盗んだのは楓ではなかった!

祖母が縫ってくれた着物を探していると、女中トキが着物を見つけます。

着物は北村屋の庭に落ちていました。

 

翌朝、北村藤吉は北村屋の資金繰りも知っておこうと帳簿に目を通そうします。

しかし北村啄子が現れ「あんたにはまだ早い」と帳簿を見ることを許されませんでした。

そんな北村啄子に腹が立ち、その場を離れ台所で藤岡てんとぶつかりそうになります。

藤岡てんは様子のおかしい北村藤吉を心配して「大丈夫ですか」と聞いてみます。

北村藤吉は心配してくれる藤岡てんに「おてんちゃんこそ、いつも気苦労ばかりかけてすまんな」と謝ります。

すると藤岡てんは北村藤吉に謝ってばかりだと笑いかけます。

そんな藤岡てんの言葉に北村藤吉は気分をかえ、お笑いを1つ披露すると言います。

そのお笑いとは、なぞかけで「俺とおてんちゃんとかけて、夫婦茶碗ととく。そのこころは、どちらも欠けてはなりません」というものでした。

そして藤岡てんに北村藤吉は早く一人前になって嫁と認めてもらえるようにするから信じて待っていてくれと伝えます。

 

藤岡てんは仕事に戻り、杉田楓の部屋をトキと一緒に掃除をしています。

するとトキが机にぶつかり杉田楓が読んでいる本を見つけます。

杉田楓が読んでいたのは与謝野晶子が書いた「みだれ髪」。

 

 

杉田楓が読んでいた本は、当時の道徳観からはとても恥ずかしいものだったのだそう。

トキはその本を見て、杉田楓が恋愛に興味がないのは嘘で、夜な夜なこの本を読んで藤岡てんに嫉妬しているのだと言い出します。

そして着物を盗んだ犯人はやっばり、杉田楓ではないかと言いかけたところで、「ウチや」と杉田楓が現れます。

杉田楓は本を取り返し、謝る気はないと言い残しその場を離れます。

藤岡てんは家にいない杉田楓を心配して、町を探し歩きます。

すると北村藤吉の姉の頼子が質屋から出てくるとの見かけ、頼子に声をかけます。

藤岡てんに声をかけられた頼子は、ばつが悪そうに父親の形見の壺を質屋で売ろうとしていたと話します。

しかし偽物だったため売れなかったよう。

そして頼子は「家じゅうあっちっこっち探したけど、もう金目の物はないな」とうっかり話してしまったことにハッとして、着物は出来心だったと謝ります。

どうやら頼子が着物を盗んだ犯人だったようです。

 

 

頼子は藤岡てんが羨ましかったのだそう。

それを聞いた藤岡てんは嬉しそうに「おおきに」と言い、また杉田楓を探しに行きます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週24話,杉田楓が北村屋を出ても藤岡てんを結婚相手と認めない?

杉田楓は川岸にいました。

藤岡てんが杉田楓に声をかけ、盗んでもいない着物をなぜ盗んだと言ったのか聞いてみます。

その答えに杉田楓は「どうせ誰も信じてくれないから」と。

なんでも杉田楓には昔から自分のことを分かってくれる人がいなかったのだとか。

藤岡てんは杉田楓が読んでいた本の話をはじめ、本当は自分も読んでみたかったけど読む勇気がなかったと打ち明けます。

そして本に挟んであった杉田楓が書いた歌を褒め、本当は歌人になりたいのでは?と聞いてみます。

すると杉田楓は本当は親の決めた縁談には興味がないこと、そして自分の人生は自分で決めたいと考えていることを話します。

藤岡てんが「夢が叶うといいですね」と伝えると杉田楓は「叶うわけない」と。

そして今度は杉田楓が藤岡てんに「あんたには夢がないのか?」と聞いてみます。

藤岡てんは「お慕いする人とお墓まで連れ添うこと」と笑顔で答えます。

杉田楓が「そんなに好きおうてるのか?」と聞くと「はい、どちらも欠けてはなりません」と答えます。

そんな藤岡てんを見て、杉田楓は藤岡てんが親に勘当されても自分を貫ぬき真っすぐ生きていることに嫉妬していたと白状します。

そして杉田楓も藤岡てんのように自分らしく生きてみると藤岡てんに笑顔で伝えます。

杉田楓は北村屋に戻ると北村啄子にお礼を言い、北村屋を出ていきます。

しかし杉田楓が北村屋を出て行ったあとも、北村啄子は藤岡てんを嫁として認めていません。

その夜、北村藤吉は北村啄子に見せてもらえなかった帳簿をこっそりと見にいきます。

そして帳簿の中身に驚きを隠せません。

翌朝、北村藤吉は北村屋の番頭に状況を確認しようとします。

しかし番頭は最近用事もないのによく出かけていているようでいませんでした。

そこへ北村啄子に北村屋のことで大事な話があるという男性が訪れます。

ここでNHKわろてんか4週23話は終わりです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかあらすじネタバレ4週24の感想,着物を盗んだ犯人が意外?

わろてんか4週24話では祖母が縫ってくれた着物を盗んだ犯人が誰だかわかりましたね。

わろてんか23話で意地悪すると宣言していた杉田楓が犯人なのかと思いきや、姉の頼子の仕業でした。

しかし頼子は全く悪気がなく、これには困りものです。

そしてわろてんか4週24話ではやっと許嫁の杉田楓が北村屋を出て行ってくれました。

杉田楓は藤岡てんが本当は羨ましかったのですね。

当時にしてみれば、親の反対を押し切って好きな人と結婚するのは夢のまた夢だったのかもしれません。

しかし藤岡てんのおかげで、杉田楓も自分の結婚相手は自分で探すと決めたようです。

自分の人生なのですから、結婚相手も自分で決めたいと思うことは当然ですよね。

これでやっと藤岡てんが結婚相手として北村啄子に認めてもらえると思っていたのですが、まだ嫁として認めてもらえないようです。

そして25話では北村屋に一大事が起きそうな気配がありました。

ちょっと心配ですが、明日のNHKわろてんか4週25話を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



関連記事

人気記事

登録されている記事はございません。