主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかネタバレあらすじ6週32話&感想,啄子のお気に入りはアサリ?

2017.11.07

わろてんかネタバレあらすじ6週32話と感想をまとめてみました。

わろてんか6週32話では、北村藤吉が気に入った寄席小屋を見つけます。

ところが寄席小屋の主は北村藤吉に寄席小屋を売ろうとしません。

どうやら寄席小屋の主は頑固者と評判のようです。

そこで北村藤吉は寄席小屋の主に何度も会いに行くことになります。

一方、北村啄子は毎日お金が減っていくばかりだと焦りはじめます。

そこで自分のくいぶちは自分で稼ごうとするのですが、大変なことになってしまいました。

北村藤吉は寄席小屋を手に入れられるのでしょうか?

それではわろてんかネタバレあらすじ6週32話を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかネタバレあらすじ6週32話のまえに31話おさらい

わろてんか31話では北村啄子、北村藤吉、藤岡てんの3人が売れない芸人が多く住む貧乏長屋で暮らすことになりました。

北村藤吉と藤岡てんは寄席を始めたいと北村啄子に話します。

そこで北村啄子は1ケ月やってダメだったら諦めてまともな仕事に就くようにと話します。

とりあえず1ケ月だけでも許可がもらえたことで北村藤吉と藤岡てんは寄席小屋を探し始めることに。

しかし寄席小屋を見つけることができません。

寄席小屋を探し歩いていると、まだ2人は初詣をしていないことに気づき、神社に良い寄席小屋と出会えるようにとお願いすることにしました。

 

 

すると神社の近くに寄席小屋を見つけます。

北村藤吉はその寄席小屋を気に入り寄席小屋の主を教えてもらおうと、そばにいた男性に聞いてみることにしました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかネタバレあらすじ6週32話,寄席小屋の主は偏屈じじいだった?

 

 

北村藤吉は神社の近くに気に入った寄席小屋を見つけました。

書き入れ時の正月に寄席をやっていないので安く手に入るかもしれないと藤岡てんに話していると、「何ゴチャチャぬかしてるんだ」と声をかける男性がいます。

そこでその男性に寄席小屋の主が誰だか聞いてみます。

その男性は北村藤吉が寄席をやりたくて寄席を探していたことを知ると、ずいぶん若いしお金もあるように見えないと主を教えてくれません。

お金はないけれども北村藤吉が寄席をやりたい気持ちは誰にも負けないと藤岡てんは男性に伝えます。

そんな2人に男性は夢みたいなこと言わず真面目に働かないと目が覚めた時に男性のように浦島太郎になっていると忠告し帰れと追い返します。

北村藤吉と藤岡てんは万丈目吉蔵の嫁の店に行き、芸人たちに寄席小屋で出会った男性のことを話します。

すると怪力の岩さんがその男性が寄席小屋の主だと教えてくれました。

なんでもその男性は亀井と言って、万年生きている亀のように朝昼じっと北村藤吉たちが出会った場所から動かずにいる変わり者のよう。

その話で他の芸人たちも男性のことを思い出します。

万丈目吉蔵曰く、殻にこもって人を信用しない偏屈じじいとのこと。

万丈目吉蔵は他の寄席小屋を探すことを勧めます。

しかし北村藤吉は翌日も亀井がいる場所に訪れます。

そして少しだけでいいので寄席小屋を見せてもらえないかとお願いするのですが断られてしまいました。

 

北村藤吉の家では北村啄子が金勘定し、お金が減っていくばかりだと嘆いています。

今後の生活が心配になった北村啄子は藤岡てんに「藤吉が何をしているのか」と聞いてみます。

すると藤岡てんは、「気に入った小屋を見つけ小屋主のところへ毎日通っている」と伝えます。

その話を聞いた北村啄子は北村藤吉と藤岡てんに食べさせてもらおうと考えた自分がアホだったと言い、自分のくいぶちは自分で稼ごうと考えます。

北村啄子は家を出て、偶然見かけた芸人アサリに青物市場まで案内させます。

北村啄子は青物市場で野菜を買い振売りすることにしました。

 

 

スポンサーリンク



 

ページ:

1

2

関連記事

人気記事

登録されている記事はございません。