主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかネタバレあらすじ6週34話&感想,寄席小屋を亀井が売却?

2017.11.09

わろてんかネタバレあらすじ6週34話と感想をまとめてみました。

わろてんか6週34話では亀井が寄席小屋を売ろうとしていることが分かります。

亀井は歳を取り、寄席小屋を売って抱えている借金を返済してしまおうと考えているよう。

亀井がやっていた端席は亀井が亡くなった嫁と始めたもので、藤岡てんは亀井が本当は売りたくないのではと気づきます。

そこで北村藤吉と一緒に亀井を訪ね自分たちに売ってもらえるようにお願いします。

亀井は北村藤吉に寄席を寄席を売ってくれるのでしょうか?

それではわろてんかネタバレあらすじ6週34話を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかネタバレあらすじ6週34話のまえに33話おさらい

わろてんか33話ではリリコが年配の男性の後妻になろとしていることが分かりました。

リリコは北村藤吉には藤岡てんがいてリリコと一緒になるつもりがないことが分かり、好きでもない年配の男性の後妻になろうとします。

しかし北村藤吉はそんなリリコに自分をもっと大切にするようにと伝え、北村藤吉が寄席を始めたらそこで芸を披露してくれと説得。

一方、藤岡屋では藤岡儀兵衛に異変が起こります。

どうやら藤岡儀兵衛は大病を患っている様子。

藤岡儀兵衛は藤岡しずに体のことは誰にも言うなと釘をさします。

しかしその場を武井風太がこっそと見ていました。

そして武井風太は大阪に足を運びます。

それではNHKわろてんかネタバレあらすじ6週34話に入ります。

 

わろてんかネタバレあらすじ6週34話,武井風太は藤岡儀兵衛の病気を伝えに?

北村藤吉が振売をしていると武井風太が現れ、藤岡てんを京都へ一度返してくれと頭を下げます。

理由を聞いても教えてくれない武井風太に北村藤吉は今は返せないと断ります。

北村藤吉は藤岡儀兵衛との約束を守り、商人として一人前になったら藤岡屋を訪れようと考えています。

北村藤吉は寄席を手に入れ稼げるようになったら藤岡てんと一緒に堂々と北村屋の敷居をまたぐつもりでいました。

北村藤吉は武井風太にそれまで待ってくれと伝えます。

その話を聞いた武井風太は商売の邪魔をして悪かったと立ち去ることに。

そして今度は藤岡てんに会いに行きます。

久しぶりに会った藤岡てんと武井風太は万丈目吉蔵の嫁の店で2人でゆっくり話すことに。

 

 

武井風太は藤岡てんが寄席をやることを心配しています。

しかし藤岡てんはやると決めたらやるしかないと笑って答えます。

藤岡てんは武井風太に「みんな元気か?」と聞いてみます。

すると武井風太は動揺し、藤岡てんの妹が結納を済ませた話をし、そのあと「京都に帰ってこないか」と伝えます。

藤岡儀兵衛も本当は心配していると言う武井風太に、藤岡てんは「二度と敷居はまたがないと誓った」と言い断ります。

そんな藤岡てんに武井風太は何か言おうとして「あかん、こんな時間」だと言い立ち去ってしまいました。

 

北村藤吉が寄席小屋の前まで行くと、亀井が男性と立ち話をしていました。

亀井は寄席小屋を壊そうと考えていて、立ち話をしていた男性に相談したよう。

その男性は前から寄席小屋の土地を欲しがっていて、亀井も歳を取ったことで寄席小屋の土地を売って抱えていた借金を返済することにしたそう。

「壊すぐらいなら俺に任せてください」と言う北村藤吉に亀井は「素人に席主を任せたら寄席小屋に泥をぬるだけだ」と断ります。

北村藤吉は仕方なく自宅へ戻ることに。

 

自宅に戻ると掃除をしていた北村啄子が「ここの暮らしもそう悪いものではない」と話し始めます。

北村啄子は芸人アサリが腰の様子を気にして見舞いに来てくれることで人の優しさが身にしみているよう。

北村藤吉と北村啄子はアサリが持ってきてくれた饅頭を2人で食べ、笑顔になります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかネタバレあらすじ6週34話後半,てんと藤吉が寄席小屋を手に入れる?

藤岡てんはいつものように亀井を訪ねていました。

藤岡てんは寄席小屋の看板を見て「亀は亀井さんで鶴は、、、」と言うと、亀井が「嫁さん」だと後を続けます。

亀井の嫁の名前は鶴子。

「鶴は千年、亀は万年。縁起の良い夫婦だろ」と藤岡てんに話し始めます。

亀井は夫婦で端席をやっていました。

端席をする前の亀井は千日前の寄席で下足番をやっており、嫁は寄席のお茶子だったそう。

亀井夫婦は寄席が大好きで、いつか自分達の寄席を持ちたいと寝る間も惜しんで働いたのだとか。

そして念願叶って始めたのが端席の「鶴亀亭」だったのだそう。

亀井は亡くなってしまった嫁のことを思い出し、ろくな着物一つ買ってあげなかったのに文句一つ言わず、藤岡てんのような女性だったと言います。

なんでも亀井は寄席小屋の商売が上手くいったら調子にのって遊びほうけてしまったのだそう。

しかし嫁は一日も休まず、働きずくで死んでしまったのだとか。

嫁が死んでしまったあとは寄席小屋も閑古鳥が鳴き閉めてしまったよう。

亀井は寄席小屋を一日眺めていても嫁に罪滅ぼしができるわけではないと寄席小屋を売ることにしました。

 

藤岡てんは自宅に帰ると北村藤吉に明日の朝もう一度亀井を訪ねてみようと伝えます。

北村藤吉は亀井は結局は金だと諦めていますが、藤岡てんは亀井は本当は寄席小屋を続けたいはずだと考えています。

そこで翌朝二人で亀井を訪ねることに。

北村藤吉と藤岡てんは亀井に寄席小屋を売ってくださいと頭を下げます。

しかし亀井は素人には売らないと言い張ります。

そんな亀井に北村藤吉は「芸を愛する気持ちはどんな席主にも負けない」と言い

藤岡てんも「この人には芸を見る目がある。面白い寄席ができるはず」と訴えます。

 

 

亀井は藤岡てんに「あんたは何でそこまで?」と聞きます。

すると藤岡てんは「たくさんの人に笑ってほしいだけです。何より、この人に笑っていてほしい」と。

その後を続けるように北村藤吉が「俺もてんを一生笑わせると約束しました」と。

そして今度は藤岡てんが、亀井さんの奥さんのこと羨ましいと思っていると話し始めます。

藤岡てんは亀井の嫁は寄席が続く限り亀井を信じて幸せだったのではないかと考えています。

藤岡てんは大きな声で「東西、東西」と言い、東西声を北村藤吉と一緒にもう一度この町に響かせてみせると亀井に約束。

北村藤吉はその後に続き「受け継がせてください。お二人の想いを」と訴えます。

そんな二人の熱意に負け、亀井は寄席小屋の鍵を開け「あんたらに任せるのがいいのかもしれん」と初めて寄席小屋の中を見せてくれました。

寄席小屋は亀井が毎日手入れをしていたようで、今すぐにでも始められそうな立派な寄席でした。

 

 

寄席の舞台に上って二人は大はしゃぎ。

ここでわろてんか6週34話は終わりです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

わろてんかネタバレあらすじ6週34話の感想,亀井はてんの熱意に負けた?

わろてんか6週34話では、亀井が寄席小屋を売ろうとしていることが分かりました。

亀井の寄席小屋は「鶴亀亭」と言い、どうやら借金を抱えているよう。

亀井の寄席小屋は亡くなった嫁と始めた端席だったことが分かりました。

亀井夫婦も寄席が大好きで二人で寝る間を惜しんでやっと始めた寄席小屋でした。

まるで北村藤吉と藤岡てんのようですね。

亀井は自分の寄席小屋に泥を塗られては困ると素人の北村藤吉に寄席小屋を譲るのを拒んでいましたが北村藤吉や藤岡てんの熱意がやっと通じたようです。

というよりは、藤岡てんの熱意が通じたと言ったほうがよさそうです。

しかし寄席小屋を手に入れるには大金が必要です。

北村藤吉と藤岡てんに寄席を手に入れる大金があるのでしょうか?

寄席小屋を手に入れる大金を準備するのもやはり藤岡てんがカギとなりそうです。

それではまた明日のNHKわろてんか6週35話を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

スポンサーリンク



関連記事

人気記事

登録されている記事はございません。