主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ結末まで!挿入歌の曲名は手嶌葵のローズ!

2018.09.25

ドラマ「Aではない君と」のネタバレあらすじを結末までを詳しくまとめてみました。

そして、Aではない君との挿入歌がとても素敵でしたので曲名や歌っている歌手についても調べてみました。

Aではない君とドラマの挿入歌は「The Rose」で手嶌葵さんが歌っていました。

手嶌葵さんはドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌「明日への手紙」を歌っています。

じつはドラマ「Aではない君と」の挿入歌は2015年にもドラマの主題歌となっている曲なんですよ。

こちらではテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」のネタバレあらすじを結末までを詳しくお伝えするほか、ドラマ「Aではない君と」の挿入歌の曲名や歌手名を紹介します。

「Aではない君と」は少年犯罪というとても重い内容ですが、非常に考えさせられる物語でした。

犯罪を起こした少年は両親思いのとても優しい少年で、どの家庭でも子供が加害者や被害者になりうる可能性があるのだと感じています。

ドラマ「Aではない君と」のネタバレが非常に気になるところではありますが、まずはドラマ「Aではない君と」の挿入歌の曲名や歌手名を紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

Aではない君と挿入歌の曲名はザ・ローズで歌手は手嶌葵!ジブリ映画の主題歌に抜擢されデビュー!

ドラマ「Aではない君と」の挿入歌がとても心を打つ曲だったので調べてみました。

どうやらドラマ「Aではない君と」は配信版とテレビ放送された時の曲が違うようでようで、テレビ放送されたドラマ「Aではない君と」の挿入歌の曲名は「THE ROSE(ザ・ローズ)」。

挿入歌の曲「THE ROSE」は1979年にアメリカで公開された映画「ローズ(原題:The Rose)」の主題歌だったもので、主題歌を歌ったのはベット・ミドラーさん。

ベット・ミドラーさんが歌っているのは2015年に放送された金曜日ドラマ「アルジャーノンに花束を」の主題歌になっています。

The Roseの歌詞や曲が多くの人の心を打ち、多くの歌手がカバーしています。

ドラマ「Aではない君と」の挿入歌で流れていた「The Rose」を歌っていたのは手嶌葵(てしま・あおい)さん。

手嶌葵さんはインディーズ時代から「The Rose」をカバーしておりメジャーデビュー後の2008年にだした3rdアルバム「THE Rose~I Love Cinemas~」でThe Roseが収録されています。

 

 

じつは手嶌葵さんが「The Rose」を歌っているデモCDがスタジオジプリのプロデューサーに渡り、その歌声に感動したジブリは無名の新人を映画「ゲド戦記」の主題歌「テルーの唄」の歌手にに決めたそうです。

手嶌葵さんは「テルーの唄」で2006年にメジャーでビューし、なんと「ゲド戦士」ではヒロイン・テルーの声も担当したそうですよ。

そして、2011年にはジブリ映画「コクリコ坂から」の主題歌「さよならの夏~コクリコ坂~」を歌っています。

近年では2016年に放送されたドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌「明日への手紙」を歌い話題となりました。

 

 

手嶌葵さんプロフィールを簡単にまとまました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ドラマAではない君と挿入歌で曲名ザローズを歌う手嶌葵のプロフィール!

 

名前 手嶌葵(てしま・あおい)

生年月日 1987年6月21日

出身 福岡県

中学の時に登校拒否に近い状態になり、その頃の心の支えがベット・ミドラーが歌うThe Rose。

手嶌葵さんは中学校を卒業すると、高校や短大の卒業資格を取得できるC&S音楽学院で歌を学びながらアマチュアでの音楽活動を開始。

2005年に韓国で開催されたイベント「日韓スローミュージックの世界」に出演し、このイベントがきっかけになりThe Roseを歌っているデモCDがジブリのプロデューサーに渡ることになります。

そして2006年にジブリ映画「ゲド戦士」の主題歌「テルーの唄」でメジャーデビューしました。

 

つぎは、ドラマ「Aではない君と」の詳しいネタバレが分かりやすいように簡単なあらすじとキャストを紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

Aではない君とドラマの簡単なネタバレあらすじとキャストをチェック!

 

キャスト

吉永圭一(演:佐藤浩市)
青葉翼の父親、元妻は青葉純子

青葉純子(演:戸田菜穂)
青葉翼の母親 元夫は吉永圭一

青葉翼(演:杉田雷麟)
父親は吉永圭一、母親は青葉純子、事件の加害者。

吉永克彦(演:山﨑努)
吉永圭一の父、青葉翼の祖父

野依美咲(演:市川実日子)
吉永圭一の部下で恋人

藤井智康(演:仲村トオル)
藤井健斗の父

長戸光孝(演:八嶋智人)
青葉翼の最初の弁護士

神崎京子(天海祐希)
3人の子供を育てるお母さん弁護士

瀬戸調査官(演:安田顕)
家庭裁判所調査官

井川:(演:寺島進)
青葉翼のアルバイト先の店主

中尾俊樹:(演:山本耕史)
ウィークリーセブンの記者

Aではない君とドラマの簡単なネタバレあらすじ結末まで,息子の重大事件で父親はどれほど愛され必要とされていたのかを知る!

ドラマ「Aではない君と」の主人公は大手建設会社に勤める吉永圭一。

吉永圭一は離婚した元妻・青葉純子との間に中学校2年生の息子がいる。

翼は元妻の純子と暮らしており、吉永圭一が翼に会うのは数ケ月に1度。

吉永圭一は職場の部下である野依美咲と恋愛関係であり、将来は結婚するするつもりでいた。

仕事も恋愛も順調だった吉永圭一に、突然予想もしない連絡が元妻から入る。

元妻が連絡してきたのは息子の翼が遺体遺棄容疑で逮捕されたためだ。

しかし警察では殺人容疑も視野に入れている。

遺体で発見されたのは翼の親友だった藤井優斗。

のちに翼は殺害を認めるのだが犯行動機については一切話そうとしない。

そんな息子に戸惑いながらも、吉永圭一は息子にしっかりと向き合うようになり犯行動機を見つけ出そうとする。

吉永圭一が息子の事件を調べていくうちに親友だったはずの藤井優斗から翼がイジメにあっていたことを知る。

翼はイジメに耐えられず、藤井翼を殺害したのだと悟り、逆送を回避するためにも審判の日に一言だけでも謝罪させようとした。

しかし、翼は藤井優斗に心を殺されたと感じて「体を殺すのと心を殺すのはどっちが悪いの?」と反省の様子がない。

裁判当日、吉永圭一は翼がイジメで自殺しようとしていたと考え証拠を見せた。

裁判後、藤井優斗の父親の願いを受け止めイジメを公表せず、翼の更生した姿を見せると約束。

だが、吉永圭一が翼が自殺を考えていたと話したことで、さらに翼を苦しめることになる。

翼は父親に嫌われるのが怖くて事件当日の真相が言えなくなってしまっていたのだ。

全てを打ち明けるきっかけとなったのは、藤井優斗の父親に謝罪に行くことだった。

翼は全てを話しても父親に愛されていること、そして自分の犯した罪の重さをしっかりと理解し、心から藤井優斗に謝罪した。

 

 

スポンサーリンク



 

 

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ結末まで(前編),あの日の電話に出ていれば!

大手建設会社に努める吉永圭一(佐藤浩市)はコンペの結果報告を受け自社に決まったと喜んでいた。

その時、吉永圭一に息子の青葉翼(杉田雷麟)から連絡があったのだが、後でかけ直すことにして電話に出るのを止めた。

この電話に出なかったことを後に後悔し続けることになる。

吉永圭一は部下たちと祝杯をあげに来ていた。

店で翼に連絡してみたのだが電話に出ないので留守番に「なにかあったのか?近いうち飯にでも行こう」とメッセージを残し電話を切った。

翌日目が覚めたのは部下でもある恋人・野依美咲(市川実日子)の部屋だった。

吉永圭一は祝杯をあげハシゴした後に美咲の部屋に戻り、目を覚ますと美咲に「指輪買う約束をしたの忘れてない?」とからかわれる。

美咲がコーヒーを淹れ2人でテレビを見ていると、少年の遺体が発見されたというニュースが流れてきた。

ニュースでは少年の遺体は東京都東大和市の多摩湖で見つかり、中学校2年生の男子生徒が昨夜から行方不明だと告げている。

吉永圭一は「また子供の事件か、まったく親はなにやっているんだか」と呟く。

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ,まさか自分の息子が事件の容疑者とは!

吉永圭一はいつも通り会社に出勤していた。

すると元妻である青葉純子(戸田菜穂)から連絡があり「翼が大変なの!警察に逮捕された」と言う。

吉永圭一が警察に行くと「本日午前7時22分、藤井優斗君の死体遺棄容疑で青葉翼君を逮捕しました」と報告を受ける。

そして、翼が殺人容疑で再逮捕になる可能性があると付け加えた。

殺害された藤井優斗は青葉翼の同級生だと言う警察官に吉永圭一は「翼が住んでいるのは調布ですよ」と同級生であることを否定。

しかし警察官は「一昨年の秋に東村山市に引っ越してますが、別れた奥さんから聞いていませんか?」と返答。

それでも吉永圭一は「今年の正月も調布の住所に年賀状を出しています。もし1年以上前に引っ越していたのなら転居先不明で戻ってきているはずた」と信じようとしない。

吉永圭一は警察に翼の状況を聞こうとするが、翼は検察の捜査を受けたあと家庭裁判所に送られるとだけ説明。

警察から事情を聞き部屋を出ると、青葉純子が待っていて2人でタクシーに乗ったのだが言い争いになり、青葉純子はタクシーから降りどこかへ消えてしまった。

吉永圭一は自宅に戻り、翼から来た年賀状の宛先を確認すると「東村山市田町」となっている。

その時、部屋のインターホンが鳴り応答するとウィークリーセブンの記者が来ていたので、記者から逃れるため美咲の部屋に向うことにした。

出迎えた美咲は吉永圭一が会社を早退するための口実にしていた翼の事故を信じており心配している。

しかし、美咲に翼が殺人容疑で捕まったと話すと動揺し、部屋にマスコミが来ないかと不安がるので吉永圭一は暫くホテルで暮らすことにした。

 

 

スポンサーリンク



 

 

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ,翼の弁護士が決定したが面会拒否の日々!

吉永圭一は少年事件に詳しい弁護士を探し、長戸光孝弁護士に依頼すると翼の今後について説明された。

長戸弁護士によると翼は警察で取り調べが終わると今度は検察で取り調べを受けることになり、そのあと家庭裁判所へ移され約1ケ月の調査後、調査資料をもとに審判が開かれ処遇が決まるという。

吉永圭一は一刻も早く翼に会うために長戸弁護士に面会の申し立てを依頼。

その後、翼が事件当日に家を出るときは制服姿で赤いバックパックを背負っていたが、帰宅したときには黄色のスエット姿でバックパックを持っていなかったことが分かり、事件は計画的な犯行だと推測されていた。

そしてウィークリーセブンの記者からの情報で翼が親から愛されていないと漏らしていたことも分かってきた。

面会が許可された吉永圭一は翼に事件の当日に電話で話したかったこと、愛されていないと本当に考えているのか?と質問をしてみたのだが翼は口を聞こうとせず俯いたままだった。

吉永圭一が自宅マンションに着くと、ウィークリーセブンの記者である中尾が待ち伏せしていて、翼が犯人なのか疑問に思っていると言うので少しでも情報が欲しかった吉永圭一は取材を受けことにした。

中尾は翼と藤井優斗が離婚した親を持つことから仲良くなったと推測し、翼が万引きをした時には藤井優斗と弁護士である優斗の父親である藤井智康が助けてくれた恩人だと話す。

にも関わらず翼が藤井優斗を殺害するのは腑に落ちないと中尾は感じていた。

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ,お母さん弁護士に変更し翼が容疑を認める!

翼は長戸弁護士の面会を拒否し続けていた。

このままでは家庭裁判所から再び検察へ戻されてしまう逆送を心配した長戸弁護士は、翼と同じくらいの子供を育てているお母さん弁護士を紹介した。

吉永圭一は紹介されたお母さん弁護士の神崎京子(天海祐希)に翼の弁護を依頼し、その後やっと連絡が取れた青葉純子と会う。

吉永圭一は母親も一緒なら翼が面会するかもしれないと考えたのだが、やはり面会を拒否されてしまった。

青葉純子はウィークリーセブンに書かれていた批判的な記事を知り、なぜ取材を受けたのかと吉永圭一を責める。

そして青葉純子は結婚してからずっと吉永圭一に責められているように感じてたと打ち明けた。

 

吉永圭一は翼から面会に拒否されたと神崎弁護士に連絡。

そこで神崎弁護士は息子から人気の漫画を聞き、翼に差し入れをした。

神崎弁護士が差し入れた漫画の効果があったようで、翼は神崎弁護士の面会を許可し「弁護士とは2人きりなのに、どうしてお父さんとは2人だけで会えないの?」と聞く。

神崎弁護士はその問いかけがチャンスだと考え吉永圭一に連絡し、気持ちが変わらないうちにと面会を勧める。

吉永圭一が慌てて面会に行こうとすると、会社の前には記者が集まっており吉永圭一が出てくるのを待っていた。

吉永圭一はなんとか翼と面会できたが、翼は俯いたまま口を聞こうとしない。

しかし、「何かの間違いだよな?」と聞くと翼は吉永圭一を見つめながら首を横に振り、「優斗君を殺したのか?」という質問には頷いた。

 

吉永圭一が美咲の部屋に行き翼が容疑を認めたと告げると、美咲は吉永圭一に住所不明で戻ってきた翼への年賀状を捨てたと打ち明けた。

美咲は前の結婚を早く忘れてほしかっただけだったのだが、翼が引っ越したことに気づくのが遅くなったのは自分のせいだと後悔した。

美咲はどんなことがあっても吉永圭一を支えようと思っていたと話を始める。

しかし騒ぎが大きくなって将来のこと考えたら自信がなくなったと謝るのを見て、吉永圭一は美咲が何を言おうとしているのか察し2人の関係を終わらせた。

吉永圭一は「どうしてこうなった、これは罰なのか、罪を犯したのは俺なのか」と心の中で自問する。

 

 

スポンサーリンク



 

 

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ,翼の自宅でカナヅチ発見し逆送回避には父親が必要!

吉永圭一は青葉純子と翼が住んでいた部屋を片付けに行き、翼が父の日に作ってくれたチャーハンを3人で食べたのを思い出していた。

部屋を片付けていると、年賀状で死んだと書かれていた猫のペロの写真やカナヅチに気づく。

そこへ連絡が取れなくなっていた吉永圭一を探し神崎弁護士が訪ねてきて、翼が鑑別所に移り面談や心理検査を受けることになると伝えた。

そして神崎弁護士はこれからは弁護人ではなく証人の保護を目的とする付添人となると説明。

翼は神崎弁護士が面会しても事件の話には応じず、このままでは反省がないと判断され逆送の可能性が高くなると心配していた。

神崎弁護士は仕事を休み続け面会に行かなくなった吉永圭一に、翼が弁護士に不信感や敵意があり父親である吉永圭一に翼の本当のことを聞き出してほしいとお願いする。

しかし吉永圭一は仕事や人間関係など平穏な暮らしを全て失い本当のことはどうでもいいと投げやりになっていた。

そんな吉永圭一に神崎弁護士は「まだ失っていないものがありますよ、あなたが翼くんの父親であるということです。翼君を救えるかもしれないただ1人の人間だということです。お父さん意外の誰に翼くんを受け止めることができますか。逃げずに向き合ってください。」と説得。

審判の日は8月25日に指定され、押収されたバックパックから犯行を決定づけるものがいくつも見つかっている。

しかし捜査機関もまだ犯行動機については掴めておらず、逆送を食い止めるには翼から真実を聞きだすしかなかった。

Aではない君とドラマのネタバレあらすじ,翼が弁護士に異様な反応する理由は?

吉永圭一は面会が久しぶりになったことを翼に謝罪し、これからはもっと来るようにすると伝えた。

吉永圭一が翼に「神崎先生も翼の味方なんだ」と伝えると、翼は神崎弁護士の弁護士バッチを見て「どうしてお父さんとは2人だけでは会えないの?」と聞く。

吉永圭一がそういう規則だと説明すると翼は「あいつらはそんなに偉いのか!」と声を荒げ興奮が収まらない

そこで神崎弁護士は吉永圭一と翼が2人で会える方法を調べ、保護者が付添人になれば親子2人で会えると吉永圭一に付添人になることを勧める。

通常は実の親が付添人になると我が子を擁護しているようにみえ周囲からの風当たりが強くなりデメリットのほうが目立つのだが、翼の場合は逆送を食い止めるため真相を聞く必要があり、そのためには信用していてる吉永圭一が付添人になるのが得策と考えたのだが、吉永圭一からは少し考えたいとの答えが返ってきた。

 

数日後には調査官と保護者との面談が控えており、面談の内容は裁判官に報告され翼の処分決定に影響するので吉永圭一は面談の前日に事件の全容を理解しておくため青葉純子と一緒に神崎弁護士の事務所に呼ばれていた。

神崎弁護士の事務所に着くと2人は法律記録に書かれていたことについて質問される。

友人の供述で事件当日の様子も分かってきており、藤井優斗は事件直前までゲームセンターで遊んでいて翼から「あの場所に来ればもっと面白いものを見せてあげるよ」とメールが届き出て行ったという。

メール送信時間は18時40分、翼は藤井優斗にメールを送った直後に父親に電話していたのだ。

藤井優斗の携帯はまだ見つかっておらず、翼が知っているはずなのだが翼に聞いても頑として話そうとしないため捜査機関も手こずっていた。

14歳の子どもが40日以上の厳しい取り調べを受けたながら沈黙を貫くのは信じがたいことだと神崎弁護士は話す。

青葉純子が犯行後に来ていた黄色いスエットの写真を見て、「こんなのいつ買ったのかしら子供が来ている服も知らないなんて母親失格ですね」と呟いた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:

1

2

関連記事