美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧,家来の男編ではルミエール&コグスワース&カデンツァの日本語キャストを紹介!

実写映画「美女と野獣」では家来が多く登場するので、「美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧,家来の男編」と「美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧,家来の女編」に分けて紹介しますね。

こちらでは家来の男編として、ルミエール(ロウソク立て)、コグスワース(時計)、カデンツァ(チェンバロ)の日本語吹き替え声優。

家来の女編では、プリュメット(羽ほうき)、マダム・ド・ガルドロープ(タンス)の日本語吹き替え声優を紹介しますね。

それでは、ルミエールの吹き替え声優日本語版からお伝えします。

美女と野獣(実写)ルミエール吹き替え声優日本版は成河!ロウソク立て(燭台)

 

魔法でロウソク立てになったルミエールの吹き替え声優日本語版は、成河(ソンハ)さんでした。

キャストはユアン・マクレガーさん。

成河さんは1981年3月26日生まれ、東京都出身。

俳優として活躍中です。

成河さんは大学時代より演劇を始め、劇団「ひょっとこ乱舞」の旗揚げに参加。

2002年春より一時期は、つかこうへいさんの劇団に入団して演劇の基礎を学び、退団後も舞台俳優を中心に活動しています。

2018年には、一人芝居「フリー・コミティッド」で38役を演じている実力派俳優です。

テレビドラマ出演の一例をあげると、2014年NHK連続テレビ小説「マッサン」紺野 役、2015年「下町ロケット(2話)」高瀬 役、2017年「ごめん、愛してる(8話)」ビョンチョル 役、2018年「99.9-刑事専門弁護士-SEASON Ⅱ(最終話)」海老沢晋 役など。

声優としての出演は実写映画「美女と野獣」のほかでは、2018年アニメ映画「ムタフカズ-MUTAFUKAZ-」クロコ 役,ダズ 役,ポパイ 役のみのようです。

さて、成河さんの結婚情報ですが、成河さんの結婚については信憑性のある情報がなく、結婚しているのか不明です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)コグスワースの吹き替え声優日本語版は小倉久寛!時計

 

魔法で時計になったコグスワースの吹き替え声優日本版は、小倉久寛(おぐら・ひさひろ)さんでした。

キャストはイアン・マッケランさん。

小倉久寛さんは1954年10月26日生まれ、三重県度会郡出身。

俳優、声優、ナレーターとして活躍中です。

小倉久寛さんは既婚者で、結婚したのは1994年。

結婚相手は元宝塚歌劇団の卒業生である速水渓さん。

速水渓さんとはドラマ共演で知り合い、小倉久寛さんの猛アタックで12歳下の美女と交際に発展し、1994年に結婚。

小倉久寛さんは3回目のデート時からデートのたびにプロポーズを繰り返し、OKの返事をもらうまでに3年かかったそうです。

プロポーズの回数は、なんと100回以上なのだとか。

じつは、小倉久寛さんの結婚は「美女と野獣」と話題になっていたんですよ。

当時は、実写映画「美女と野獣」で吹き替え声優をするとは想像もしていなかったのではないでしょうか。

さて、小倉久寛さんの声優情報ですが、声優としての出演は少ないですが、いくつかあります。

テレビアニメの一例をあげると、1990年「電光石火バットマン」ロビン 役、1999年「レレレの天才バカボン」バカボンのパパ 役、2018年「深夜!天才バカボン」小倉パパ 役など。

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)カデンツァの吹き替え声優日本語版は松澤重雄!チェンバロ

 

魔法でチェンバロになったマエストロ・カデンツァの吹き替え声優日本語版は、松澤重雄(まつざわ・しげお)さんでした。

キャストはスタンリー・トゥッチさん。

松澤重雄さんは1961年10月9日生まれ、京都出身。

俳優、声優として活躍中です。

声優としての出演でテレビアニメの一例をあげると、2003年「こちら葛飾区亀有公園前派出所」柏木警部 役など。

アニメ映画の一例をあげると、1994年「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」バレル 役、1995年「ポカホンタス」トーマス 役など。

*情報が少ないので、松澤重雄さんの情報が分かり次第追記します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧,家来の女編ではタンスやプリュメットの日本語キャストを紹介!

こちらでは、「美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧,家来の女編」として、マダム・ド・ガルドロープ(タンス)、プリュメット(羽ほうき)の日本語吹き替え声優を紹介します。

プリュメット(羽ほうき)はルミエール(ロウソク立て)の恋人です。

プリュメットの日本語吹き替え声優は、アラフィフ世代ならご存知の方も多いと思うのですが、テレビ番組「がんばれ!!ロボコン」のロビンちゃん役をしていた島田歌穂さんです。

美女と野獣(実写)マダムドガルドロープの吹き替え声優日本語版は濱田めぐみ!タンス(ワードローブ)

左:リック・デンプシー 右:濱田めぐみ

魔法でタンスになったマダム・ド・ガルドロープの吹き替え声優日本語版は、濱田めぐみ(はまだ・めぐみ)さんでした。

キャストはオードラ・マクドナルドさん。

濱田めぐみさんは1972年8月2日生まれ、福岡県北九州市出身。

ミュージカル女優として活躍中です。

歌うことが大好きだった濱田めぐみさんは、中学3年生の時にミュージカル「キャッツ」を観て、ミュージカル女優を目指すようになります。

高校を卒業した濱田めぐみさんは舞台芸術学院に進学し、卒業後は音楽座に在籍。

1995年には劇団四季のオーデションに合格し、わずか入団3ケ月で「美女と野獣」のヒロイン・ベル役に抜擢され舞台女優デビュー。

劇団四季は2010年12月に退団していますが、劇団四季時代から現在まで多くのミュージカルで主役を演じています。

近年のミュージカルでは2018年「メリーポピンズ」メリーポピンズ 役、2019年「レ・ミゼラブル」ファンティーヌ 役など。

濱田めぐみさんは舞台が中心で、テレビドラマの出演はなく、声優としての出演も実写映画「美女と野獣」のみのようです。

さて、濱田めぐみさんの結婚情報ですが、結婚についての情報がほとんどなく、現在判明しているのは、2013年3月にラジオ番組で「結婚している」と話したことだけです。

結婚相手はミュージカルで度々共演している渡辺正さんとの噂がありますが、本人からの公表はありません。

また、すでに離婚しているとの噂もあるようです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)プリュメットの吹き替え声優日本語版は島田歌穂!羽ほうき(はたき)

左:島田歌穂 右:濱田めぐみ

魔法で羽ほうきになったブリュメットの吹き替え声優日本語版は、島田歌穂(しまだ・かほ)さんでした。

キャストはググ・バサ=ローさん。

島田歌穂さんは9月19日(生年不明)生まれ、東京都港区出身。

女優、歌手として活躍中です。

また、大阪芸術大学学芸学部舞台芸術学科の教授でもあります。

島田歌穂さんは音楽家の父や宝塚歌劇団の卒業生だった母の影響で、4歳よりバレエやピアノを習い始めます。

芸能活動は子役からで、テレビドラマのデビューは1974年から1977年まで放送された人気番組「がんばれ!!ロボコン」のロビンちゃん役。

その後は、歌手や舞台女優など幅広く活躍するようになり、国際的にも高く評価されています。

島田歌穂さんが結婚したのは1994年で、結婚相手はピアニスト、作・編曲家、プロデューサーなどで活躍中の島健さん。

島健さんは、浜崎あゆみさん、森山良子さん、サザンオールスターズ、石川さゆりさんなど非常に多くの作曲、編曲、プロデュースに関わっている方です。

2人は結婚した1994年から島田歌穂&島健Duoコンサートを公演するようになり、全国200ケ所以上で公演しているそうで、延べ10万人以上が来場しているのだとか。

さて、島田歌穂さんの声優情報ですが、声優としての出演は非常に少なく、アニメキャラクターの声はないようで、映画での吹き替えは2019年に公開された「メリーポピンズ リターンズ」トプシー 役のみのようです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧(日本語版),その他編ではキャスト&声優名のみ紹介!

こちらでは、現在までに判明している実写映画「美女と野獣」の日本語吹き替え声優名とキャスト名のみお伝えします。

アガットの吹き替え声優は、ナレーション(語り)の吹き替え声優も務めています。

アガット(魔女・老婆)・ナレーション(語り)
キャスト:ハティ・モラハン 吹き替え声優日本語版:戸田恵子

ジャン
キャスト:ジェラード・ホラン 吹き替え声優日本語版:安崎求

クロチルド
キャスト:ヘイドン・グワイン 吹き替え声優日本語版:RICO

ダルク
キャスト:エイドリアン・シラー 吹き替え声優日本語版:福沢良一

スタンリー
キャスト:アレクシス・ロワゾン 吹き替え声優日本語版:根本泰彦

ペール・ロベール
キャスト:レイ・フィアロン 吹き替え声優日本語版:田中美央

シャポー(コート掛け)
キャスト:トーマス・パッデン 吹き替え声優日本語版:広田勇二

ベルの母
キャスト:ゾーイ・レイニー 吹き替え声優日本語版:大地葉

 

 

スポンサーリンク



 

 

美女と野獣(実写)吹き替え声優一覧まとめで最後にアニメ版のベル声優やチップ&ガストンの日本語キャスト一覧を紹介!

実写映画「美女と野獣」の吹き替え声優一覧を紹介してきましたが、アニメ版が気になる人のために実写映画「美女と野獣」と共通するキャラクターのアニメ版吹き替え声優一覧をまとめてみました。

 

アニメ「美女と野獣」の吹き替え声優の記事をみる

 

アニメ映画「美女と野獣」吹き替え声優一覧(日本語版)

  • ベル役のキャスト:ペイジ・オハラ 吹き替え声優日本語版:伊藤恵里
  • 野獣役のキャスト:ロビーペンソン 吹き替え声優日本語版:山寺宏一
  • ガストン役のキャスト:リチャード・ホワイト 吹き替え声優日本語版:松本宰二
  • モーリス役のキャスト:レックス・エヴァーハート 吹き替え声優日本語版:あずさ欣平
  • ル・フウ役のキャスト:ジェシー・コーティ 吹き替え声優日本語版:中丸新将
  • ルミエール(ロウソク立て)役のキャスト:ジェリー・オーバック 吹き替え声優日本語版:江原正士 (歌)岩江準威知
  • ワードロープ(タンス)役のキャスト:ジョー・アン・ウォーリー 吹き替え声優日本語版:近藤高子 (歌)白石圭美
  • ポット夫人(ティーポット)役のキャスト:アンジェラ・ランズベリー 吹き替え声優日本語版:福田公子 (歌)ポプラ
  • チップ(ティーカップ)役のキャスト:ブラッドリー・ピアーズ 吹き替え声優日本語版:山口淳史
  • コグスワース(時計)役のキャスト:デヴィッド・オグデン・スティアーズ 吹き替え声優日本語版:熊倉一雄
  • フィフィ(はたき)役のキャスト:キミー・ロバートソン 吹き替え声優日本語版:横尾まり

*フィフィはルミエールの恋人で、実写映画「美女と野獣」ではプリュメットと名前が変更になっています。

 

主人公・野獣の吹き替え声優日本語版は、声優界のレジェンドと言われている山寺宏一さんです。

1991年に公開されたアニメ映画「美女と野獣」では、すでに主役の声を担当し、2019年の実写映画「アラジン」ではアニメ映画と同じキャラクターであるジーニー役の日本語吹き替えを担当しており、なんと30年もの期間を第一線で活躍し続けています。

また、アニメ「美女と野獣」のヒロイン・ベル役は伊藤恵里さんでした。

2018年に公開された映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」には歴代のプリンスが登場する場面がありベルも登場するのですが、残念ながら「シュガー・ラッシュ:オンライン」ではベルの声を担当してませんでした。

ですが、伊東恵里さんは芸名を「伊東えり」に変更し、現在もミュージカルやボイス指導など多岐にわたり活躍中です。

アニメ映画「美女と野獣」では、歌とセリフでは日本語吹き替え声優が違うことがありましたが、実写映画「美女と野獣」では歌もセリフも同じ日本語吹き替え声優が担当しています。

ですので、実写「美女と野獣」の吹き替え声優のオーデションでは演技力はもちろんのこと、高い歌唱も求められていたため、ミュージカルで活躍されている方など非常に歌の上手な方がキャラクターの日本語吹き替え声優を担当しています。

実写映画「美女と野獣」は物語だけでなく、吹き替え声優が歌っている挿入歌も非常に楽しめる映画となっています。

実写映画「美女と野獣」はアニメ版より時間が延長されていますので、挿入歌も増えているんですよ。

「美女と野獣」はアニメ版、実写版どちらも魅力があり大人になった今でも何度観ても飽きませんので、また今度ゆっくりと「美女と野獣」を観てみたいと思います。

 

以上が実写映画「美女と野獣」の吹き替え声優一覧をまとめた結果です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

おすすめの記事