後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ映画結末まで!ドラマキャストは誰?

「後妻業の女」大竹しのぶさん主演の映画ネタバレあらすじを結末まで詳しくまとめてみました。

大竹しのぶさん主演の映画「後妻業の女」には原作の小説があり、小説のタイトルは「後妻業」です。

また小説「後妻業」は映画だけではなく、2019年1月~3月で木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」にもなっています。

映画だけではなく、ドラマにもなっているとなると非常に気になりますよね。

どうやら原作と映画とドラマでは結末が違うようですが、こちらでは原作やドラマではなく、2016年に公開された映画「後妻業の女」で大竹しのぶさん主演のネタバレです。

大竹しのぶさん主演の映画「後妻業の女」のネタバレあらすじの結末が非常に気になるところではありますが、映画「後妻業の女」のネタバレあらすじの前に、映画やドラマのキャストを紹介します。

その後は映画「後妻業の女」で大竹しのぶさん演じる主人公の小夜子の夫の人数が多く分かりずらいので先に夫についてお伝えします。

そして、映画「後妻業の女」のネタバレあらすじを結末まで詳しくお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじの前に映画&ドラマのキャストチェック!

大竹しのぶさん主演の映画「後妻業の女」は、2019年1月~3月までの連続ドラマにもなっています。

ドラマのタイトルは「後妻業」で主演は木村佳乃さんです。

じつは映画「後妻業の女」とドラマ「後妻業」には原作となる小説があり、原作の小説は黒川博行さんの「後妻業」です。

どちらも原作の小説は同じですが、映画「後妻業の女」とドラマ「後妻業」では役名が相違しているものがあります。

こちらでは映画とドラマが同じ役名のみキャストを紹介しますね。

 

左1:鶴橋康夫監督 左2:津川雅彦 左3:笑福亭鶴瓶 左4:尾野真千子 左5:大竹しのぶ 左6:豊川悦司 左7:永瀬正敏 左8:水川あさみ

 

左1:伊原剛志 左2:木村多江 左3:木村佳乃 左4:高橋克典 左5:泉谷しげる 左6:原作者・黒川博行

武内小夜子
映画「後妻業の女」 大竹しのぶ ドラマ「後妻業」 木村佳乃

柏木亨
映画「後妻業の女」 豊川悦司 ドラマ「後妻業」 高橋克典

中瀬耕造
映画「後妻業の女」 泉谷しげる ドラマ「後妻業」 津川雅彦

中瀬朋美
映画「後妻業の女」 尾野真千子 ドラマ「後妻業」 木村多江

西木尚子
映画「後妻業の女」 長谷川京子 ドラマ「後妻業」 濱田マリ

本多芳則
映画「後妻業の女」 永瀬正敏  ドラマ「後妻業」 伊原剛志

三好繭美
映画「後妻業の女」 水川あさみ ドラマ「後妻業」 篠田麻里子

 

 

スポンサーリンク



 

 

映画「後妻業の女」大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ前に小夜子の夫をチェック!

映画「後妻業の女」の主人公・武内小夜子はパートナーと離婚や死別した高齢者の遺産を狙い、結婚相談所で知り合った複数の高齢者と再婚し後妻になっています。

小夜子のパートナーになった人数が多く分かりずらいので、ネタバレあらすじの前に小夜子のパートナーをまとめてお伝えしますね。

1番目 星野欽司 塗装業 煙突から転落死

2番目 岸上博昭 薬剤師 (息子・博司が生まれる) 行方不明

3番目 西山聡太 サラリーマン

4番目 名城吉彦 海で溺死

5番目 元木日出夫 65歳 害虫駆除会社経営 飲酒運転し徳島で死亡

6番目 津村泰治70歳 建築士 特別養護施設で死亡

7番目 武内宗治郎 70歳 元・近畿テレビの役員 徳島で車運転中に転落し1年後に死亡

8番目 中瀬耕造 80歳 元女子短大教授 脳梗塞で倒れ病院で死亡

*こちらは映画「後妻業の女」のパートナーであり、ドラマや原作と相違している可能性があります。

以降は映画「後妻業の女」のネタバレあらすじになります。詳しく内容をお伝えしていますので、詳細を知りたくない場合はご注意ください。

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ結末まで,前編で8番目の夫中瀬と出会う!

2000年夏、サマーパーティー会場。

名城小夜子(大竹しのぶ)48歳、チームのエースだ。

結婚相談所の所長・柏木亨(豊川悦司)は個人的には嫌っていたが、頭の回転の速さ、臨機応変の口の上手さ、なかでも罪悪感のなさは柏木亨の予想をはるかに超えた。

5番目のパートナーとなるのは元木日出夫(六平直政)、65歳。害虫駆除会社経営。

痙攣性の狭心症の病歴がある元木日出夫は、名城小夜子(4番目の結婚相手の苗字)にぞっこんだが名城小夜子はじらしている。

結婚相談所に限って言えば男の高齢者がよくモテる。

第一条件は資産があること、持病があればなおいい。

看取る時間が少なくて済むから女同士の取り合いになったりする。

小夜子の相棒は瀬川英子(余貴美子)、50歳。面食いでカスばかり掴んでいる。

 

結婚相談所の所長・柏木亨の合図で熟年婚活パーティーに参加した男女が一斉に海辺を走り出す。

元木日出夫は小夜子に追いつこうとして突然倒れてしまう。

小夜子は倒れた元木日出夫に「私、あんたを看取ってあげるわ」と囁き、柏木亨はニンマリした。

2006年初秋。

小夜子は婚活パーティーに参加し、6番目のパートナーとなる一級建築士で70歳の津村泰治(森本レオ)や、7番目のパートナーになる武内宗治郎(伊武雅刀)と出会う。

武内宗治郎は70歳で一昨年まで近畿テレビの役員だったと自己紹介し、小夜子は元木小夜子(5番目の結婚相手の名前)と名乗り54歳になっていた。

2013年初夏。

婚活パーティーに参加した小夜子は8番目のパートナーとなる80歳の元女子短大の教授・中瀬耕造と出会った。

 

 

スポンサーリンク



 

 

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,2015年夏に8番名の夫が倒れる!

2015年晩夏。

小夜子と一緒にベンチに座っていた中瀬耕造が倒れた。

しかし、小夜子は中瀬耕造を置き去りにし、暫くしてから柏木亨に電話した。

「なんで倒れたんだ?毒でも飲ませたのか?」と聞く柏木亨に、「そんな危ないことするかいな」と言い、薬を変えただけだと話す。

中瀬耕造の家で寝てしまったという小夜子に柏木亨は「80歳のじいさんが外に出て戻ってこないのだろ、探すのが嫁さんの務めだ」と諭した。

 

病院には中瀬耕造の長女・西木尚子(長谷川京子)が先に着いていた。

慌てて駆けつけた、次女・中瀬朋美(尾野真千子)に父は今夜が峠だと伝えた。

 

中瀬耕造の娘2人に紹介された日、小夜子は夫が53歳の若さでガンで亡くなり、13回忌を過ぎてから思い切って結婚相談所に入会したと話した。

中瀬耕造と小夜子が仲良さそうに話すのを見て、長女・西木尚子は良い人に会えたと安心していた。

しかし次女・中瀬朋美は「お父さんのどこが良かったのですか?」の質問に、「耕造さんの最後を看取ってあげたいとう気持ちになった」と元気な父親の看取りを気にしている小夜子に不快感を抱いていた。

 

病院に戻ってきた小夜子は、娘2人に「こんなこと言いたくないんだけど、葬式費用がない」と打ち明けた。

中瀬朋美は父が通帳を預けているはずだと問いただすが、大した金額は入っていないから娘たちにも葬式代を出してほしいと頼む。

葬式は立派な葬式をしたいので400万円必要で、そのうちの200万円は小夜子が準備し、残りの200万円を娘2人に用意するように頼んだ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,初婚は星野欽司で30歳の時!

武内小夜子は柏木亨がいる結婚相談所で、「あかん、あの人持ち直してしまった」と不愉快そうに言う。

小夜子の初婚の相手は家出の時に知り合った塗装業の星野欽司で、小夜子が30歳の時だった。

星野欽司は結婚後に煙突から落ち死亡してしまった。

2番目のパートナーは結婚相談所で知り合った薬剤師の岸上博昭。

岸上博昭とは盛大な結婚式をあげ一人息子も授かった。

しかし、小夜子は薬剤の横流しで逮捕され、夫は行方不明になった。

3番目のパートナーはサラリーマンの西山聡太。

小夜子は盗んだ自転車に乗っていて窃盗で捕まったのだが、窃盗の被害者であった西山聡太と結婚した。

小夜子は細々した犯罪で捕まってはいるが、夫殺しは発覚していない。

柏木亨は結婚相談所を開店させてから警察沙汰になりそうな相談所の窮地を何度も小夜子に救われていたこともあり、この女を怒らせてはいけないと心に決めていた。

そんな小夜子が柏木亨に、「あんた金庫の鍵開ける業者知らん?」と聞いてきた。

柏木亮は金庫にどんな金目のものが入っているか分からないと気になり「知らんことないけど、オレも立ち会う」と返す。

じいさんのものは全て私のものだと小夜子は反発するが、「何でも折半、昔からそうしてきた」と柏木亨もひかなかった。

柏木亨は、鍵師を中瀬耕造の家に連れて行く前に、ホステスである三好繭美(水川あさみ)とホテルに向かう。

繭美は結婚してくれ一緒に住みたいとは言わないが男を財布だと思っていて、狙っているラウンジの毎月の家賃40万の支払いをお願いし、柏木亨は大きな契約が成功したら、店を見に行くと約束する。

 

鍵師を連れ、中瀬耕造の家に着いた柏木亨は部屋の乱雑さに驚く。

小夜子は週2~3回程度しか中瀬耕造の家には来ず、家事が嫌いで釣った魚にエサはやらないタイプだった。

「開いたで~」と鍵師の声が聞こえ、金庫の中身を調べてみると銀行の預金は4000万円、株は7銘柄で2050万円あった。

柏木亨は死ぬ前に解約すると言い、疑い深い柏木亨は印鑑を預かり小夜子には通帳を渡した。

翌日、柏木亨と小夜子は銀行に行き投資信託と預金を全て解約しようとした。

しかし銀行は本人の意思を確認する必要があるという。

そこで小夜子は「最高の医療を受けさせたい」と芝居し、銀行員が本人の意思を確認するため病院に行くことになる。

中瀬耕造は病室で酸素マスクをつけており会話ができないのだが、小夜子の芝居で預金を解約することができた。

「取り分は1950万円ずつ」という柏木亨に、小夜子は鍵師を呼んだだけなのに取り分が多いと納得いかないが、柏木亨は金庫を開けるために口の堅い鍵師を探したと引かなかった。

そして、柏木亨は小夜子に「これで金庫の整理ができた」と中瀬耕造がいつ死んでも構わないという。

つぎの相手を心配する小夜子に柏木亨は、70歳の不動産屋の隠居がいると教える。

 

 

スポンサーリンク



 

 

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,葬儀で喪主は私です!

繭美がいる店に行き「この店で40万円かいな」という柏木亨に繭美は相場より安いと教え、新しい店を手伝ってもらう予定の杉村理沙(樋井明日香)を紹介した。

小夜子は中瀬耕造の入院先に行き、点滴に細工をし死亡させ、完全犯罪だと柏木亨に電話をした。

葬式で小夜子は中瀬耕造の頬にキスをしたり、「なにかと言うとつっかかってくるけど、そんなに私のすることが気にくわないの?」と中瀬耕造の娘2人と揉めていた。

そして、祭壇は一番豪華のを頼み、読経は住職が2人来ていたと言い、「喪主は私ですよ」と声を荒立てた。

中瀬耕造の長女、西木尚子が実家の大きな金庫の中に預金と株券が入っていると父親から聞いたと伝えると、小夜子は「耕造さんの遺産は私が相続します」と言う。

全て相続をするという小夜子に「相続を放棄しろということ」と詰め寄る中瀬朋美。

すると小夜子は「朋美さん、見たことないんですか?耕造さんの遺言状」と話し、内妻の武内小夜子に全財産を遺贈すると記載された遺言状を見せられた。

西木尚子が籍が入っていないことに気づくと小夜子は「結婚というカタチを取りたかったけど入籍しない代わりに遺言状を書くといったのは耕造さん」だと説明した。

西木尚子が「お父さん羽曳野の家は私らに残すと言ってたのに」と呟くと、中瀬朋美が小夜子に「あんた本性あらわしたね」と睨みつけ、然るべき措置を取ると腹立たし気にその場を後にした。

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,小夜子の調査を開始!

「これ後妻業だな」と中瀬朋子と学生時代の友人だった「守屋法律事務所」弁護士・守屋達朗(松尾諭)が呟く。

後妻業を知らない中瀬姉妹に、後妻業は古くて新しいビジネスで、昔から金持ちの後妻になって遺産を狙う話はあったが、そこに殺人が入ると後妻業になると説明した。

後妻業の必須3条件は「住民票を移す」「家具を持ち込む」「近所に顔を出す」。

武内小夜子はどの条件も満たし、遺言公正証書まで作成していることから、計画した犯行だと守屋達郎は確信した。

「あんな女に全部持っていかれるなんて納得できない」と腹立たし気に言う中瀬朋美だが、内妻のままでいることが気になった。

というのも籍を入れていれば、配偶者として全財産の1/2は黙っていても相続できるからだ。

守屋達郎も小夜子の不自然さを感じ、裏に何かあると勘づいていた。

武内小夜子を徹底的に調べ相続の違法性を問わなければと、守屋達郎が調査をよく依頼する元・大阪府警の刑事だった探偵の本多芳則(永瀬正敏)を紹介する。

守屋達郎は本多芳則に調査対象者は武内小夜子63歳で中瀬姉妹の父親だと伝えた。

本多芳則は、ここ2~3年で後妻業の調査を3件担当していて、小夜子が住んでいる近畿テレビの元役員だった武内宗治郎名義のマンションから調査を開始した。

 

 

スポンサーリンク



 

 

後妻業の女大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,小夜子が過去に狙っていた土地!

小夜子は柏木亨が主宰する婚活パーティーに参加し、船山喜春(笑福亭鶴瓶)70歳と出会う。

舟山喜春は不動産会社を息子に譲り、最高顧問役として週に2回会社に出ていると自己紹介した。

 

小夜子の調査を開始した本多芳則は、武内宗次郎の家に行き、小夜子が武内宗治郎の死後、資産家の内縁の妻になりまた財産を相続しようとしている調査で来たと伝えると、武内宗治郎の義娘は小夜子が暮らしているマンションを騙し取られたと認め、家の土地も取られそうになっていると打ち明けた。

義娘が小夜子の存在を知ったのは一昨年で、武内宗治郎が車の事故で死亡すると、武内宗治郎の妻だと小夜子が突然あらわれたと話す。

小夜子は私が喪主だと葬儀会社に指示を出し始めたので、義娘が警察を呼ぼうとすると、遺言公正証書差し出したという。

そして、小夜子はそれを盾に誰に何を言われても通夜も葬式も喪主席に座り続けたという。

義娘が暮らす家は武内宗治郎名義の土地に息子名義で二世帯住宅を建ているため、家を売らない限り小夜子は相続分を換金することができず、世間体を気にして被害を言えなかった義娘は小夜子が死ぬまで今の家で暮らすと決めていた。

公正証書を見ると証人欄に柏木亨と瀬川英子の名前が書かれていた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

大竹しのぶ主演ネタバレあらすじ,公正証書の保証人は柏木亨!

小夜子は舟山喜春と食事をしていた。

船山喜春に残りの人生を安心して暮らせる貯え額を聞いてみた。

歴史の話でごまかす舟山喜春にキスをして誘惑し、2人でホテルに行く。

一方、本多芳則は柏木亨の結婚相談所に来ていた。

柏木亨は本多芳則の顔を見ると、昨日の婚活パーティーに不信な人物がいるのを思い出した。

本多芳則は、興信所の調査員だと自己紹介し、武内小夜子が会員であることを確認した。

「さあ、それは名簿を見てみないと分からない」とシラを切る柏木亨に、本多芳則は武内小夜子の遺言公正証書の保証人になっていると詰め寄る。

会員に頼まれれば証人になると説明する柏木亨に「証人になれば、いくら貰えるんですか?」とメモ帳をだすと、柏木亨は「失礼なこと聞きますね!」と声を荒げた。

そんな柏木亨に謝りながらも仕事だと、武内宗治郎だけではなく、中瀬耕造でも関わっており、両方の遺産相続人の小夜子の名前を知らないのは不自然だと伝え、もう1人の証人の瀬川英子は誰なのかと聞いた。

かなり調べ上げている本多芳則に動揺した柏木亨は個人のプライバシーは開示できないと本多芳則に部屋から出ていくようにドアを開けたのだが、本多芳則は帰り際に「後妻業とかいう商売が流行っているそうですね。寂しい老人を狙った犯罪。怖い世の中だ」と言い残した。

本多芳則が守屋法律事務所に戻ると、守屋達郎は中瀬朋美が葬儀事務所に費用を聞きに行ったと話した。

中瀬耕造の葬式費用を調べると、葬儀代は120万円で小夜子は80万円儲けていた。

中瀬朋子は小夜子の悪事を自分の目で確かめたいと調査に加わると興奮気味にいう

そんな中瀬朋子と本多芳則に守屋達郎は、小夜子が結婚相談所で知り合った夫が15年間に5人死亡してると教えた。

夫だった名城吉彦は白浜海岸で溺死、元木日出夫は徳島で飲酒運転により死亡、津村泰春は特別老人ホームで死亡、武内宗治郎は徳島で車で転落し1年後に死亡しており、元木と武内が徳島の同じ現場で死亡していると説明する。

 

柏木亨は三好繭美が店を休み浮気していると勘ぐり、三好繭美に紹介された杉本理沙を口説き、本多芳則のことを忘れようとした。

 

 

つぎのページでは小夜子の息子のネタバレや、柏木亨が犯行に関わっていたネタバレなど結末まで映画「後妻の女」の結末までお伝えします。

 

 

スポンサーリンク