ハケン占い師アタル1話ネタバレあらすじ!相関図キャスト志田未来の神田和実編!

ドラマ「ハケン占い師アタル」1話のネタバレあらすじを詳しくまとめてみました。

今回は「ハケン占い師アタル」初回1話のネタバレあらすじですので、少しでも「ハケン占い師アタル1話」のネタバレあらすじが分かりやすくなるように、こちらでは「ハケン占い師アタル」の相関図も紹介します。

2019年冬ドラマで話題となっている「ハケン占い師アタル」の脚本は、「家政婦のミタ」や「過保護のカホコ」などを手がけた遊川和彦さん。

「ハケン占い師アタル」は主人公・アタルがハケンされた正社員の悩みを次々と解決する物語となっているようです。

主人公は若手女優の中でもトップを争う演技力抜群の杉咲花さん。

そして杉咲花さんがハケンされるイベント会社の正社員役を演じるキャストも演技力が非常に高く人気のある俳優ばかりですよ。

ドラマの内容が非常に気になるところですが、まずはドラマ「ハケン占い師アタル」の相関図をお伝えしますね。

その後に、ハケン占い師アタル1話のネタバレあらすじを詳しく紹介します。

ドラマ「ハケン占い師アタル」1話は志田未来さん演じる神田和実の悩みを解決する内容となっています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル相関図&キャスト!1話ネタバレあらすじはこの後で!

ハケン占い師相関図


出典:TV asahi ハケン占い師アタル

ハケン占い師アタルのキャスト

的場中(まとば・あたる)21歳/演:杉咲花(すぎさき・はな)

主人公。

「シンシアイベンツ」制作Dチームに派遣され、生まれて初めて働くことになる。

目を合わせると相手の内面や過去などが見える特殊能力がある。

イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチーム・正社員

大崎結(おおさき・ゆい)45歳/演:板谷由夏(いたや・ゆか)

課長。出産後に代々木匠に声をかけられ「シンシアイベンツ」に転職。

上野誠治(うえの・せいじ)45歳/演:小澤征悦(おざわ・せいじ)

主査。入社23年目。

将来を有望視され管理職についた経験もあるが結果が出せず降格。

神田和実(かんだ・かずみ)25歳/演:志田未来(しだ・みらい)

入社3年目。

自分の決断に自信が持てず、ミスにつながることがある。

妊婦中だが現チームで働くことを自身で決断。

田端友代(たばた・ともよ)34歳/演:野波麻帆(のなみ・まほ)

入社12年目。

残業は一切しないが時間内に自分の仕事は終わらせている。

品川一真(しながわ・かずま)23歳/演:志尊淳(しそん・じゅん)

入社1年目。

上野誠治のアシスタント、転職希望。

目黒円(めぐろ・まどか)/間宮祥太朗(まみや・しょうたろう)

入社3年目。

取引先の社長の息子。

ポジティブ思考。

代々木匠(よよぎ・たくみ48歳/演:及川光博(おいかわ・みつひろ)

部長。

親会社から出向中。

上司や取引先の記念日を覚え記念日にプレゼントする。

占い師

キズナ/演:若村麻由美(わかむら・まゆみ)

多くの相談者の悩みを聞き、悩み解決に導いている。

 

*ハケン占い師の1話ネタバレになります。ドラマの内容を知りたくない方はご注意ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師1話ネタバレあらすじ(前編),初回はキャスト志田未来演じる神田和実の悩みを解決!

「働く人にとって今は大変な時代なの。自分らしく生きようとしても慌ただしい毎日に追われ暇もない。

大切な何かを見失っているかもしれないのに、取り残されるのが怖いからどうすることもできない。大丈夫よ苦しんでいるのは、あなただけではないから」と占い師キズナがいう。

そして例にあげたのが、イベント会社「シンシアイベンツ」の正社員である神田和実(志田未来)。

神田和実はイベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで働く入社3年目の25歳。

神田和実は彼氏と同棲中で、司法浪人中の彼の朝食を毎朝作ってから会社へ向かう。

神田和実の欠点は自分の決断に自信が持てないこと。

今、彼女は誰にも言えない秘密を持っている。

ハケン占い師アタル1話ネタバレ,あらすじはミステリアスな女性は誰?

神田和実は出勤するため駅のホームで到着した満員電車に乗ろうとしていた。

だが、あまりに込んでいるため、乗り込むドアを決められず、閉じようとしているドアに挟まれてしまう。

ドアに挟まれ慌てている神田和実の手を引っ張り車内に入れてくれたのは、黒いサングラスに黒いニット帽をかぶったミステリアスな若い女性だった。

偶然にもミステリアスな女性と降りた駅が同じだったので、神田和実は後をつけてみたのだが見失ってしまう。

しかし、神田和実が勤めているシンシアイベンツで再会することになる。

黒いサングラスの女性は神田和実のところにハケンされた女性で、名前はマトバ・アタル(杉咲花)。

マトバ・アタルは派遣登録後に初めて派遣された会社がシンシアベンツだと言い、「アタルと呼んでください」と自己紹介した。

課長の大崎結(板谷由夏)は「神田さん、色々教えてあげてくれる?」と声をかけ、神田和実がアタルの教育係となる。

アタルは人生初の仕事だったため、何もかもが新鮮で、ことあることに記念写真をスマホで撮った。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル1話ネタバレ,あらすじは大崎結の返事を当てたのは特殊能力?

「大崎ちゃん、この前の化粧品の新作発表良かったよ」と厄介な仕事ばかりを持ってくる部長の代々木匠(及川光博)が部屋に入ってきた。

今日は大丈夫だったと思ったのだが、「一週間後のスマイルベイビーのイベントだけど、、、」と話し出す。

代々木匠はクライアントの社長の考えが変わり、赤ちゃんに囲まれた写真が撮りたいので50人ほど赤ちゃんを集めるようにと指示をだす。

大崎結は赤ちゃんの確保が困難なことや会場のスペース、そして金銭的にも無理だと断ろうとした。

しかし、大崎結に背中を向けているアタルの口は「分かりました」と動いていた。

その直後、大崎結は「分かりました、何とかします」と無理難題な依頼を受けてしまい、クライアントの社長が50人の赤ちゃんに囲まれて写真を撮る準備をすることになる。

 

神田和実は食堂でアタルに「ねえ、今まで本当に働いたことないの?もしかして過保護とか?」と聞いてみる。

アタルは「それについては言いたくありません」と答えなかったが、「部長の大崎さんて大変ですね。毎日、部長と私たちの板挟みにあっているようなものだからね。」と気遣い、上野誠治(小澤征悦)がなぜ大崎結に偉そうなのか聞いた。

上野誠治と大崎結は同期で昔は上野誠治が上司だった。

上野誠治は過去に伝説のイベントをしたのだが、管理職になると結果が出せず降格していた。

アタルは制作Dチームが気になり、「田端さんはいつもピリピリしてませんか?」と聞いてみる。

神田和実は「仕事ができるから誰も文句言えない」と言い、目黒円(間宮祥太朗)については取引先の先の息子だから扱いにくいと教えた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル1話ネタバレ,あらすじは歓迎会でも心を読む特殊能力発揮!

イベントの赤ちゃんを集めるため、神田和実は保育所リストを作り一ヶ所ずつ訪ねることにした。

保育所の前で「上手くいくといいですね、今度は」というアタルを待たせ、神田和実はシュっと自身に香水をかけた。

2人は退社時間近くまで保育所を訪ねたが、協力してくれる保育所を見つけられなかった。

その日は、ノー残業デーだったことから上野誠治が「アタルの歓迎」だと言い、帰るつもりだった神田和実も断りきれずに飲みに行くことになる。

店で上野誠治がビールを5杯注文しようとすると、神田和実が「私はウーロン茶で」と言ったのだが、上野誠治に押し切られビールにしてしまう。

上野誠治が「君は何でそんなに微笑んでいるのかな?」とアタルに聞くと、「歓迎会やってもらえるなんて嬉しくて」と答え、メニューを取りに行くとその場を離れた。

戻ってきたときにはビール5杯を持ってきて、神田和実の耳元でそっと「ノンアルコールにしておきました」と告げる。

酒が進むと上野誠治は「dチームのdはダメダメのd」だと話し始める。

上野誠治は上からのミッションでお前らを一人前にするんだと言う。

「誰かに言われたんですか?」と聞く品川一真(志尊淳)に、「言われなくても分かるんだよ。だから簡単に辞めるとか妊娠して産休とるとか言い出すヤツがいると困るんだ」と声を荒げた。

その直後、アタルがバタっとテーブルに上半身を倒した。

「ヤバいですね、お開きにしないと」と品川一真が言う。

アタルは寝ているように見えたが、少し笑顔をみせた。

 

飲み会の途中に彼氏から「腹減った」とラインが届いていた神田和実は食材を買い慌てて自宅に戻る。

夕食の準備をしようとしたが「あのさ、ちょっと話があるんだけど」と妊娠していると彼氏に伝えようとした。

しかし、神田和実は彼氏に妊娠のことは言えず、「赤ちゃんが出るイベントでたくさん必要になっちゃって、それでもう大忙しで、、、」と話をごまかしてしまった。

翌日、会社のエレベーターで大崎結と一緒になった神田和実は大崎結が赤ちゃんを生んだとき産休が取れたのかと聞いた。

「うちの子ができたとき前の会社にいて、産休とって戻ってきたら居場所がなかったの」と答える大崎結。

そして、困っていたときに「うちに来ないか」と誘ってくれたのが代々木匠だと言う。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル1話ネタバレ,あらすじはイベント大失敗&妊娠告白でどん底に!

イベントの前日、なんとか赤ちゃんを集めることができたのだが、運営担当として一人立ちする神田和実は一人も赤ちゃんを探すことができなかった。

「参加してくれたお母さんたちに渡す記念品も準備できてる?」と聞かれると、神田和実は手違いで記念品が届いていないことに気づき記念品を取りに行くことになる。

その後、アタルと残業でラッピングを済ませ、アタルが「じゃあ帰りましょうか」と話しかけたのだが、「どうしよっかな」と言い結局1人残ることにした。

 

イベント当日、残業で徹夜した神田和実が会場に遅れて記念品を運び込み、イベントに参加してくれた赤ちゃんの母親にアタルと一緒に記念品を渡す。

「それってパワーストーンですか?」と聞くアタルに、「彼のプレゼントなの。これしてたら悪いこと起きないって言うから」と神田和実が答える。

クライアントの社長が到着し、赤ちゃんを会場内に連れてくるように大崎結が指示すると、神田和実が「それが、5人足りないんです」と焦っている。

人数をごまかそうとスタッフが提案するが、イベント会場がショッピングモールだったため、赤ちゃん連れの客に頼み込むことにした。

神田和実も必死に赤ちゃん連れの親子に声をかけるのだが協力者が見つからない。

そんな神田和実にアタルが「あのお母さん大丈夫かもしれませんよ」と声をかける。

 

会場に戻った神田和実は「ねえ、どうして分かったの。出てくれるって」とアタルに聞いてみた。

しかし、アタルは「みんな良い人そうだったし」と話をはぐらかす。

イベント会場では集まった赤ちゃんの中に、泣き出す赤ちゃんがでてきた。

スタッフが賢明にあやすが泣き止まず困っていると、アタルが近づき赤ちゃんの目を見つめる。

すると不思議なことに赤ちゃんが泣き止み、いよいよ社長と大勢の赤ちゃんが一緒に写真を撮るときがきた。

しかし寝不足だった神田和実は眠気でフラつき、うっかりコードに足を引っかけ大きなスピーカーを倒してしまいイベントは大失敗に終わることになった。

 

やっとのことで新規のクライアントから企画を取った代々木匠は神田和実を叱責し、落ち込んだまま自宅に戻った神田和実は彼氏に「会社クビになるかも、ちょっと仕事でミスちゃって」と話した。

彼氏は「元気だせ、そんな簡単にクビにならないから今の時代」と抱き寄せて励ました。

そんな彼氏に神田和実は「赤ちゃんができた」と秘密にして1人で悩んでいたことを打ち明けた。

「産んでもいいよ、俺が働くから」という彼氏。

「ほんと」と聞く神田和実に、「でもさ資格とかないし、いい会社に就職できるか分からないよ。それに子育てだって大変だよ。保育園だって空きがないし、教育費だって結構かかるし、考えたら俺が司法試験に受かるまで待ったほうが賢明だと思うけど」と諭す。

 

次のページでは神田和実がアタルの子供時代を知り、アタルに占いをしてもらうネタバレです。

 

 

スポンサーリンク