主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

ハケン占い師アタル5話ネタバレあらすじ&感想,キャスト野波麻帆の田端友代編!

ハケン占い師アタル5話のネタバレあらすじを結末まで詳しくまとめてみました。

ドラマ「ハケン占い師アタル」5話でアタルが相談に乗るのは、キャスト野波麻帆さん演じる田端友代。

田端友代は、自分の仕事は定時時間内に終わらせ、残業や余計な仕事は一切せず、「これって私の仕事ですか?」が口癖で、いつもピリピリしています。

そんな田端友代がフォーカスされた「ハケン占い師アタル」5話の平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

前回4話の視聴率も10.3%で、ドラマ「ハケン占い師アタル」の平均視聴率は1話から5話まで2桁台をキープしています。

期待されていたドラマでも回を重ねるにつれ平均視聴率が1桁台になってしまうことも珍しくありませんので、2桁台をキープしているドラマ「ハケン占い師アタル」はとても人気があるドラマと言えそうです。

さて、人気ドラマ「ハケン占い師アタル」5話のネタバレあらすじが非常に気になるところですが、まずは簡単に「ハケン占い師アタル」4話のあらすじをお伝えしますね。

*以降、ドラマ「ハケン占い師アタル」のネタバレになりますので、「ハケン占い師アタル」の詳細な内容が含まれています。結末までのあらすじなど詳しく知りたくない場合は十分にご注意ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル5話ネタバレのまえに4話あらすじチェック!

ドラマ「ハケン占い師アタル」4話でアタルが相談に乗るのは、イベント会社「シンシアイベンツ」入社23年目の上野誠治45歳。

上野誠治は10年前に企画した伝説のイベントで才能を認められ、一度は管理職についたのだが俺様的な性格が災いし、あっという間に降格。

プライベートでは5年前に離婚し、最近になって中学生の娘と暮らし始めたのだが、やはり俺様的な性格が災いしウザがられれてる。

ある日、伝説のイベントで評価されたクライアントが新規事業で携帯サービス会社を設立するため、お披露目のイベントを上野誠治に依頼してきた。

上野誠治は気合を入れクライアントに新しい企画を提案したのだが、クライアントからは昔のイベントと同じだとダメ出しされイベントの企画から外されてしまう。

企画から外された上野誠治は代々木匠に腹を立て文句を言うのだが、大崎結は八つ当たりしているだけだと指摘。

上野誠治は当たり散らし、「俺はもっと優秀なスタッフと働きたい」と言い捨て1人飲みに行き、自宅に帰ると娘にも当たり散らし、娘は母親の元へ戻ってしまう。

ヤケになっている上野誠治を心配した若手スタッフはアタルに占ってもらようにと助言し、上野誠治は上から目線のアタルに占ってもらうことに。

質問はいつものように3つまでで、上野誠治の1つ目の質問は、携帯がどこにいったか。

2つ目の質問は、なんで皆に嫌われるか。

3つ目の質問は、まだ伝説のイベントができるような才能が残っているか。

そんな上野誠治にアタルは、携帯は希望みたいなもので案外すぐそばにあるも、上野誠治が失ったのものは才能ではなく情熱とやる気、自慢話や説教や愚痴を言わず自分を心配してくれる人を大切にするようにと教える。

そして、自分だけで仕事ができる人なんてこの世の中に1人もいないと教え部屋を出た。

アタルに占ってもらった上野誠治は心を改め、若手スタッフが360度フィードバックに書いた内容を教えてもらい反省し、娘には自分の正直な気持ちをメールした。

心を入れ替えた上野誠治は若手スタッフに誘われ飲みに行き、2次会に行くと盛り上がったのだが、突然アタルが「やっぱり止めます」と帰ってしまう。

アタルは上野誠治の背後で占い師・キズナのアシスタントがアタルを探しているチラシを配っていることに気づいたのだ。

 

ハケン占い師アタル4話の内容は「ハケン占い師アタル4話ネタバレあらすじ」で詳しくお伝えしています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル5話ネタバレあらすじ(前編),田端編では母を亡くし家族を養っていることが判明!

 

「働く人にとって今は大変な時代なの。与えられた仕事を効率良くこなしているのに、評価されるどころかたまには残業しろと責められ、周囲の雑音なんか無視したらとっつきにくいとかピリピリしてるとか敬遠されてしまう。

大丈夫よ、苦しんでいるのはアナタだけじゃないから」と占い師・キズナが言う。

例にあげたのは、イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで働く、入社12年目の田端友代34歳。

田端友代は高校の時に母親を病気で亡くしてから家事を1人でこなし、5年前に早期退職した父親と大学を卒業してからまともに働いたことのない弟との3人暮らし。

住んでいる家のローンなど生活費は田端友代の給料で賄われていた。

会社では余計な仕事は受けず定時で退社するのだが、もう何年も恋なんかしている暇もなかった。

ハケン占い師アタル5話ネタバレあらすじ,田端に厄介な仕事が舞い込む!

田端友代が出勤すると大崎結(板谷由夏)と神田和実(志田未来)が同僚の男性スタッフにバレンタインの日に義理チョコをプレゼントするべきかと相談していた。

アタルは「じつは、目黒さんにチョコあげたいんですよね」と神田和実の心の内を読み取る。

義理チョコについて意見を聞かれた田端友代は、義理チョコは去年から廃止したと言い、自分の意見を押し通した。

そこに代々木匠(及川光博)がやってきて、女性躍進プロジェクトのモデルケースを探していると話す。

他のチームは忙しいため制作Dチームのスタッフからということになり、田端友代が厄介な仕事を受け持つことになる。

田端友代は普通の業務に加え、社内報に乗せる特集の取材やプロモーションビデオの撮影をこなさなければならなくなった。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル5話ネタバレあらすじ,田端のカフェ店員に片思いを父親に邪魔される?

会議室では田端友代の密着取材でカメラが入り、バレンタイン・イベントのキャッチコピーやイベント内容をもう少し盛り上がるように変更するミーティングが行われていた。

キャッチコピーは田端友代が考えた「もう義理チョコ止めよう」に決まり、それに合わせて恋人同士だけではなく、親子や夫婦も普段は口にして言えない感謝の気持ちを伝える告白イベントに決定。

 

田端友代は食堂で1人インタビューを受け、インタビュアーが「プライベートはどういう風に過ごされているんですか」と聞くと、「それは女性躍進プロジェクトと関係ないんじゃ」と返した。

制作Dチームに戻った田端友代はバレンタインイベントの結果報告をメールのみで済ませ、口頭で伝えなかった神田和実にダメ出しをし、神田和実がお腹の赤ちゃんが動いたと騒ぎ、目黒円が「お腹さわっていい」と聞くと妊娠を売りにするようなことは止めるようにと注意する。

田端友代は神田和実に皆が気を遣って自分に負担がかかるのを心配していた。

そして、飲み物を飲みたそうな田端友代にコーヒーを持ってきたアタルにも「頼まれていないのに勝手にコーヒーとか淹れなくていいから。男たちを甘やかすだけだから」と注意。

そんな田端友代を上野誠治(小澤征悦)が「お前は自分のやり方を強制しているだけじゃないか。アタルちゃんは自分がやりたくてコーヒーを淹れてくれたのかもしれないし」と諭そうとしたのだが聞き入れることなく会社を退社。

 

田端友代は退社するとカフェに寄りドリンクを注文していた。

「ソイラテのトールのかた」と男性アルバイトに呼ばれると、田端友代はドキドキしながらドリンクを受け取り、少し離れた席から男性アルバイトを眺め幸せに浸っていた。

しかし、そんな幸せな時間は長続きせず、父親から「いつ帰ってくる?」とメールが入る。

自宅に戻ると田端友代に生活費も家事も頼りっきりで一日中ゴロゴロしている父親と弟が夕食を作ってもうらのを待っていた。

そんな家族に「私の給料ばっかりアテにされても困るんだけど」と怒りを抑えられずに訴えたのだが、父親は謝りはするものの「母さんさえ生きてたらこんなことにはならなかったのに」と話をそらしてしまう。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ハケン占い師アタル5話ネタバレあらすじ,OB会で大事件勃発!

代々木匠は田端友代が同じ大学を卒業したと知り、社内のOB会に出席するようにと指示した。

田端友代がOB会に参加すると代々木匠が特別ゲストとして参加しているバレンタインイベントのクライアントである社長を紹介。

しかし、代々木匠やクライアント社長などのセクハラ発言やパワハラ発言に感情を抑えきれず「いい加減にしろよ!どいつもこいつも。いい歳して同じ大学だからって集まって、何が楽しんだよ。仕事に必要なのはスキルで学歴じゃないんだよ。
ようするにあんたらは自分たちより下の人間がたくさんいるっていう優越感に浸りたいだけだろ。」と会場内全員に聞こえるように大声で話し部屋から出て行った。

 

翌日出社すると、代々木匠が大崎結に何か指示をして部屋を出て行く。

田端友代が大崎結に代々木匠との話しを聞くと、代々木匠はOB会で先輩たちの前で散々恥をかかされたと怒っていたという。

そして、女性躍進プロジェクトのモデルは田端友代から大崎結に変更し、バレンタインイベントもクライアント社長が怒っているためイベントから外すように指示していた。

「別にいいですよ。バレンタインイベントとか元々ヘドがでるし。」と大崎結に伝える田端友代だったが、神田和実は田端友代のお陰でイベントが盛り上がりそうなのにと気遣っている。

大崎結も田端友代をもっと評価してほしいと代々木匠に頼んだとフォローしようとしたのだが、大崎結の話を遮り、「すいません、そうゆうの止めてもらってもいいですか。大崎さんみたいな人に庇われるのが一番腹立つんです。上司にも部下にもソフトで優しいけど、仕事ができない男どもにハッキリものが言えないから結局そのつけが全部回ってきて私たちがどんだけ迷惑するか解ってますよね。」と反発。

さすがに言い過ぎだと男性スタッフが大崎結を庇うのだが聞く耳をもたず、アタルは「早くカフェの彼に会いたい」と田端友代の心の内を読み取る。

 

その夜、カフェに行くとお気に入りの男性アルバイトから声をかけられ、アルバイトを今日で辞めると告げられてしまった。

男性アルバイトが立ち去ろうとした時に勇気を出して「あの、もしよかったら」と声をかけたのだが、言いたいことは何も言えず、「お元気で」と言葉を濁す。

その様子を偶然見ていたアタルが「告白したらどうですか、彼のことが好きなんでしょ」と聞くのだが、田端友代は「何言ってるの、そんなワケないでしょ」と立ち去ってしまう。

 

翌日、会社ではバレンタインイベントで田端友代以外は外出することになっていた。

しかし、上野誠治は後からイベントに行くと残り、アタルは備品のチェックをしてから上野誠治と来るようにと指示されていた。

残った上野誠治は田端友代にアタルに占ってもらうようにとアドバイスし、「この世に一人で仕事できる奴なんかいない」と言われたことや、このままでは田端友代に皆近づかなくなると説得してみたのだが、田端友代は「いつからそんな良い人になったんですか?似合いませんよ」と反発。

そんな田端友代の言葉に腹を立て上野誠治はイベントに向かおうとするのだが、さっき出て行ったはずの目黒が「上野さんダメじゃないですか」と声をかける。

上野誠治は田端友代を心配している神田和実や目黒円、品川一真に田端友代の説得役を頼まれていたのだ。

神田和実がアタルに占いを頼み込んでいると、田端友代は「いい加減にしてよ、こんなことしてる暇があったらサッサと出かけなさいよ。仕事を何だと思っているのあなたたち」と怒鳴った。

アタルが「田端さんの言う通りです」と皆でイベントに向かうため部屋を出ると、田端友代は引き出しに隠してあった占いの本やお守りを見ながら、「占いならいくらでも今まで試したわよ。」と今まで幸せになるために、パワースポットに行ったことや、婚活サイトに参加したことなど今まで自分の努力を思い出し独り言を呟いた。

しかしゲン担ぎをしても、料理教室合コンに参加しても、いいことなんか1つもなく幸せを見つけることに疲れ果てた田端友代は大泣きしてしまう。

そこに突然アタルがスマホを忘れたと戻ってきたことに焦り「今の全部聞いてた?」と聞く。

「はい」と答えたアタルに田端友代は「どうしたらいいの?私。このままだったら自分の感情抑えきれなくなって火山みたいに爆発して、酷いことばっかり言いそうで」と相談した。

するとアタルが「分かりました。あなたをみます。」と会議室に向かう。

 

つぎのページでアタルが田端友代を占うネタバレをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:

1

2

関連記事