主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

メアリと魔女の花声優一覧!メアリおばさまやピーターに下手の評価でパクリ疑惑?

2018.08.31

メアリと魔女の花声優一覧,赤い館編ではゼベディ&バンクスを紹介!

メアリに夜間飛行の秘密を教えたのは庭師のゼベディでした。

ゼベティの声優をしたのは遠藤憲一さん。

遠藤憲一さんは怖くもなく、優しくもない普通の役を役者としてもやったことがなく、普通の人間を演じることの難しさを改めて知ったのだとか。

こちらでは声優一覧の赤い館編として庭師のゼベディ、お手伝いさんのバンクスの声優を紹介します。

メアリと魔女の花でゼベディの声優は遠藤憲一!

 

 

赤い館の庭師・ゼベディの声優は、遠藤憲一(えんどう・けんいち)さんでした。

遠藤憲一さんは1961年6月28日生まれ、東京都品川区出身。

俳優、声優、ナレーター、脚本家として活躍中です。

遠藤憲一さんの結婚相手は一歳上の元舞台女優。

馴れ初めは劇団時代の知人が自主公演する舞台に遠藤憲一さんがかかわったことで、舞台に女優として出演した嫁と知り合ったのだそう。

結婚したのは交際から4年後の1990年で、当時の遠藤憲一さんは29歳、嫁は30歳。

2人の間には子供はおらず、現在は嫁が遠藤憲一さんの所属事務所の社長兼マネージャーを務めているようです。

さて遠藤憲一さんの声優情報ですが、俳優が中心のようですが、声優としてもいくつか出演してます。

近年のアニメ映画では2016年に公開した「妖怪ウォッチ空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」じんめん犬役で出演。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花でバンクスの声優は渡辺えり!

赤い館のお手伝いさん・バンクスの声優は、渡辺えり(わたなべ・えり)さんでした。

旧芸名は渡辺えり子(わたなべ・えりこ)。

渡辺えりさんは1955年1月5日生まれ、山形県山形市出身。

女優、脚本家、劇作家、作詞家として活躍中です。

渡辺えりさんの結婚相手は12歳下の俳優・土屋良太(1967年5月17日生)さん。

馴れ初めは渡辺えりさんが立ち上げた「劇団3〇〇(げきだんさんじゅうまる)」に土屋良太さんが入団したことが縁となり1996年6月に結婚。

2人に子供はいません。

結婚後に世間を騒がせたのは、渡辺えりさんの不倫報道。

不倫報道は2013年で、報道によると不倫相手は劇団「宇宙堂」に所属の俳優・吉田侑生さん。

「宇宙堂」は渡辺えりさんが劇団3〇〇を解散後に結成したもの。

不倫を報じた週刊誌の内容によると、吉田侑生さんは渡辺えりさんの27歳下で不倫関係は10年続いてたのこと。

しかし吉田侑生さんに彼女ができ2011年に破局。

不倫についての事実関係は不明ですが、不倫報道後の渡辺えりさん夫婦は家庭内別居との噂がありました。

ですが現在は仲良く暮らしているようです。

さて、渡辺えりさんの声優情報ですが、女優が中心のようで声優情報はメアリと魔女の花のみです。

声優初挑戦のメアリと魔女の花は貴重な作品になりそうですね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花声優一覧,ネコ編ではティブ&ギブを紹介!

左:ギブ 右:ティブ

主人公・メアリが箒を見つけ、魔法の国に行くきっかけになったのは、ピーターが飼っている猫でしたね。

ピーターは黒い猫とグレーの猫の2匹の猫を飼っています。

こちらでは声優一覧の猫編としてピーターが飼っている猫のティブ&ギブを紹介します。

ギブの声優をしているのは今大注目のLynnさん。

Lynnさんは声優としての実力だけではなくアイドルなみの可愛さだと非常に人気です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花で黒猫・ティブの声優は大谷育江!

 

黒い猫・ティブの声優は、大谷育江(おおたに・いくえ)さんでした。

大谷育江さんは1965年8月18日生まれ、東京都出身。

声優、女優、ナレーターとして活躍中です。

大谷育江さんの声優デビューは、1986年に放送されたテレビアニメ「めぞん一刻」。

声優の代表作は「ポケットモンスター」ピカチュウ役、「ONE PIECE」トニートニー・チョッパー役、「金色のガッシュベル!!」ガッシュ・ベル役、「姫ちゃんのリボン」姫子・エリカ役など。

大谷育江さんの結婚については不明なのですが、2006年と2008年に一時休業しており、産休だったのではないかとの噂です。

大谷育江さんの近年のテレビアニメの一例をあげると、2018年「陰陽師・平安物語」小白役、2018年「ONE PIECE エピソードオブ空島」トニートニー・チョッパー役など。

近年のアニメ映画の一例は、2018年「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」サトシのピカチュウ役、2018年「名探偵コナン ゼロの執行人」円谷光彦役など。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花でグレー猫・ギブの声優はリン(Lynn)!

グレーの猫・ギブの声優は、Lynn(りん)さんでした。

Lynnさんは6月1日生まれ(生年不明)、新潟県出身。

声優として活躍中です。

Lynnさんが声優デビューしたのは高校卒業後で、初めての声優の仕事は外画の吹き替え。

テレビアニメで声優デビューしたのは、2012年に放送された「NARUTO-ナルト-疾風伝」アカデミーの生徒役、初めてのアニメレギュラーは「さばげぶっ!」経堂麻耶役。

テレビアニメ初の主人公は2016年10月から放送された「競女!!!!!!!!」神無のぞみ役。

Lynnさんの生まれた年は不明ですが、テレビアニメの声優デビューが2012年で、声優の初仕事はテレビアニメより前の外画のようですので、恐らく1992~1993年頃の生まれと思います。

じつはLynnさんは父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ。

近年は芸能界でもハーフの可愛いタレントが人気ですよね。

Lynnさんもとても可愛いと評判なんですよ。

 

 

Lynnさんに彼氏がいるのか気になり調べてみたのですが、情報が全くありませんでした。

Lynnさんは現在大注目の声優で、2018年9月公開予定のアニメ映画「君の膵臓をたべたい」でヒロイン・山内桜の声を担当します。

その他、近年のテレビアニメの一例をあげると、2018年「七つの美徳」ラファエル役、2018年「音楽少女」金時琴子役、2018年「となりの吸血鬼さん」夏木ひなた役などでメインキャラクターの声を多く担当しているようです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花の声優が下手の評価って本当?

「メアリと魔女の花」は、ジブリ作品である「思い出のマーニー」の監督をした米林宏晶監督と西村義明プロデューサーがスタジオジブリ退社後に、アニメーション制作会社「スタジオポノック」を設立し、第一作目の長編アニメ映画として2017年7月に公開されました。

原作は1971年に発表されたメアリー・スチュアートの作品「THE Little Broomstick(小さな魔法のほうき)」。

メアリと魔女の花では多くの実力派俳優や女優が声優として出演してます。

メアリと魔女の花の評価が気になり調べてみると、声優が下手との評価を度々見かけました。

一方、声優が上手との評価もありますので、メアリと魔女の花の声優について下手や上手の評価を簡単にまとめてみました。

メアリと魔女の花の声優で下手の評価

  • 声優が棒読み。
  • 全体の声優のレベルが低い。
  • プロの声優には負ける。
  • 主人公の声優が下手。
  • 声優に違和感があり物語に集中できない。

メアリと魔女の花で声優が上手いの評価

  • 主人公の声優は上手で役にもピッタリの声だった。
  • ピーターやっぱり上手い。
  • 天海祐希さんの貫禄凄かった。
  • 佐藤二朗さんの声最高だった。
  • 舞台もやってた俳優は上手い。

声優の評価を調べてみて感じたことは、下手よりも上手いという高評価のほうが多いということ。

ですがやはり役者ではなくプロの声優を望むファンが多くいることも事実。

ジブリ作品ではプロの声優ではなく役者を使うことが多々あります。

メアリと魔女の花でも役者が多く出演していましたね。

米林宏昌監督がプロの声優ではなく、役者に依頼した理由が気になり調べみました。

どうやら米林宏昌監督がプロの声優ではなく役者を多く起用する理由は、実写とアニメの中間くらいの絶妙さで演じてもらうことが狙いのようです。

メアリと魔女の花の声優で、米林宏昌監督が演技に驚いた声優は女優として活躍中の杉咲花さんとのことで、杉咲花さんはメアリに適役だったと感じてるのだそう。

ちなみにですが杉咲花さんの収録は5日間だったそうですよ。

そのほか、ドクター・デイの小日向文世さんの収録は1日。

ピーターの神木隆之介さんは4時間、エンドア大学の校長・マダム・マンブルチュークの天海祐希さんは2日とのことでした。

 

 

スポンサーリンク



 

 

メアリと魔女の花声優一覧,メアリおばさまやピーターに下手の評価でパクリ疑惑?で最後に一言

「メアリの魔女と花」にパクリ疑惑がありましたので調べてみました。

どうやらメアリと魔女の花がパクリだと言われている作品はのはジブリの「魔女の宅急便」。

メアリと魔女の花を制作したスタジオポノックは、スタジオジブリが解散した後に元スタジオジブリのスタッフがジブリ作品のような素晴らしい作品を残したいと設立した会社。

ですのでジブリ作品には大きく影響を受けています。

メアリと魔女の花のキャッチコピーは「魔女、ふたたび」でしたので、ジブリ作品の「魔女の宅急便」を意識して作られたことも想像できます。

しかし、メアリと魔女の花はジブリ作品の「魔女の宅急便」の影響を受けながらも、独自のアイデアや表現を多く加え魔女の宅急便とは違う新しい作品になっています。

このように尊敬する作品の影響を受け似たようなアプローチの作品を作ることはパクリではなくオマージュと言うのだとか。

どうやら魔女の宅急便は大成功していましたので、スタジオポノックのゲン担ぎでもあったようですね。

ちなみにですが、パクリとは独自のアイデアや表現が含まれていない模倣や盗作のことだそう。

メアリと魔女の花の主人公はとても元気な女の子でしたが、メアリのような元気な女の子にしたのはジブリ作品で米林宏昌さんが監督、西村義明さんがプロデューサーだった「思い出のマーニー」の真逆の設定を考えたからなのだとか。

(思い出のマーニーの監督やプロデューサーはメアリと魔女の花と同じです)

思い出のマーニーは内向的な女の子・杏奈の心の成長を描いた静的な映画でした。

一方、メアリと魔女の花はその逆で元気な女の子・メアリが失敗しながらも困難を乗り越え成長していく姿を描いた動的な映画となっています。

今後もスタジオポノックの新作を楽しみにしたいと思います。

内容はもちろん、誰がキャラクターの声をするのかも楽しみです。

 

以上がメアリと魔女の花の声優一覧をまとめた結果です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:
1

2

関連記事