主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

モンテクリスト伯5話ネタバレ,あらすじは未蘭の母の死は瑛理奈の犯行!

モンテクリスト伯5話ネタバレ(あらすじ)を結末までシーンごとに詳しくまとめてみました。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」5話では、入間未蘭の母について分かってきます。

未蘭の実母は、未蘭が小学校の時に急死しています。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」5話で、入間貞吉が出口文矢に狙われたことで、未蘭の実母の急死した理由が分かってきました。

未蘭の実母を急死させたのは、なんと継母の瑛理奈。

瑛理奈はその件で脅迫され、新たな罪を犯します。

モンテクリスト伯ネタバレ(あらすじ)5話では瑛理奈のイメージが崩され、ショックを受けてしまうかもしれません。

そしてドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」では南条すみれと暖、江田愛梨とモンテクリスト真海の恋のゆくえも気になります。

南条すみれはモンテクリスト真海に「さよなら」を告げ、江田愛梨は南条すみれに嫉妬します。

2人の恋愛についても、モンテクリスト5話ネタバレ(あらすじ)でお伝えします。

モンテクリスト伯5話ネタバレのまえに、まずは4話の簡単なあらすじから紹介します。

(時間のない人のためにドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」5話ネタバレ(あらすじ)を結末まで簡単にまとめたものもあります。)

*ネタバレにはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の詳細な内容が含まれていますのでご注意ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯5話ネタバレのまえに4話あらすじチェック,留美と完治の過去が衝撃!

留美の崩壊

神楽清は土地開発プロジェクトの地鎮祭で政治家・木島義国から国有地取引に五蓉不動産が動いているとの情報を入手した。

地鎮祭に1人残された留美に入間公平から連絡が入る。

入間公平は、モンテクリスト伯の過去の情報が少ないことや、2人を別荘に呼んだことに対して不信感を持っており、モンテクリスト真海に近づかないようにと留美に忠告するために連絡してきたのだ。

電話を切るとモンテクリスト真海がすぐそばに立っていて、テナントを探す相談にのってほしいという。

お店を出すのは、アパレルブランドを立ち上げようとしている青年実業家・安堂完治。

留美はモンテクリスト真海の別荘でのランチミーティングに参加し、その帰り道に安堂完治が親に捨てられ施設で育ったことがきっかけとなり、自分の好きな服を作りたいという夢を持つようになったと聞いた。

 

留美は安堂完治の出資を神楽清にお願いしようと、モンテクリスト真海の別荘で神楽清を待っていた。

しかし別荘に着いた神楽清は留美の話を聞こうともせず、安堂完治の出資をきっぱりと断った。

少しピリピリしている様子の神楽清にモンテクリスト真海は、自分の仕組んだ南条幸男のCMの件で同情しているフリをし、南条幸男の香港での良くない噂を教えた。

一方、留美は神楽清に安堂完治の出資を断られたため、偶然のように仕組まれた仮想通貨・ベルコインに注文をだし大損をする。

大損の穴埋めをしようと留美は元愛人だった入間公平に300万円借りた。

大金を持って自宅に帰ると、神楽清がすでに戻っており、家の口座から1000万円出金しベルコインで大損したこと、その穴埋めをしようと元愛人だった入間公平から300万円借りたことを知っていた。

神楽清から屈辱的な言葉を浴びせられた留美は、その場にいられなくなり300万円を持って部屋を出た。

部屋を飛び出した留美は、安堂完治に会い、安堂完治に300万円を渡そうとする。

しかし安堂完治は留美が無理して用意したお金だと察し受け取ろうとしない。

そんな安堂完治に留美は安堂完治のために無理することが一番の幸せだと伝え、安堂完治は留美の手を優しく握った。

その夜、2人は結ばれた。

入間未蘭と守尾信一朗

未蘭は守尾信一朗の市場にダボハゼのオスを探しにやってきた。

未蘭に水しぶきがかかってしまったのを目撃した守尾信一朗が「大丈夫ですか?」と声をかける。

守尾信一朗は未蘭に黄色いパーカーとタオルを貸し、未蘭がダボハゼのオスを探していることを知る。

そして、未蘭が飼育しているダボハゼのメスのためにオスを釣ってくることを約束し、結婚を望んでいない未蘭に奇跡が起きると励ました。

未蘭が自宅に戻ると貞吉が遺言状を書き換えていた。

変更箇所は未蘭が出口文矢と結婚した場合には遺産を全て寄付すると付け加えられていることだった。

そして貞吉は入間公平に遺産か未蘭の結婚のどちらかを選べと文字で伝えた。

 

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐」4話のネタバレではもっと詳しくあらすじを知ることができます。

 

つぎは時間のない人のために「モンテクリスト伯5話ネタバレ」を短時間で読めるようにしました。

ですが、時間に余裕がある場合でも大まかな内容を知ることができ、シーンごとに詳しく記載した「モンテクリスト伯5話ネタバレ」の内容が分かりやすいと思いますので、もしよかたったら「モンテクリスト伯5話ネタバレを時短であらすじ風に」を読んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯5話ネタバレを時短であらすじ風に,未蘭の婚約者や母の死が衝撃!

安堂完治と一夜を共にした留美は、安堂完治がまだ寝ているうちに300万円と「夢をかなえてね」とメモを残し自宅に戻った。

留美はソファーで寝ていた神楽清の朝食を作り、昨夜自宅を飛び出したことを謝った。

そんな留美を見て、神楽清は政治家・木島義国の紹介で結婚した二人が簡単に離婚できないことを察していた。

 

出口文矢がモンテクリスト真海の別荘を訪ね、モンテクリスト真海のお陰で日本に早く異動できたと深く感謝していた。

モンテクリスト真海に頭が上がらない出口文矢に、モンテクリスト真海は貞吉の殺害依頼をほのめかす。

 

未蘭はダボハゼのオスを市場に取りに行き守尾信一朗と食事をした。

そして結婚話が貞吉が味方し白紙になったこと伝えると、ダボハゼがオスでないことに気づいた守尾信一朗は必ずオスを釣ってくると約束。

 

未蘭が自宅に戻ると出口文矢が訪れていた。

入間公平は未蘭の結婚を諦めておらず、遺産相続ができなくなるが未蘭と結婚してほしいと頭を下げる。

出口文矢は遺産目的ではないと入間公平に伝え、未蘭との結婚が決まる。

未蘭は守尾信一朗に、ダボハゼが飼えなくなったことや結婚が決まったことをメッセージで送った。

 

出口文矢とモンテクリスト真海が別荘で食事をしていると、モンテクリスト真海が遺産を相続するためにも未蘭と結婚する前に貞吉を殺害するようにと指示された。

動揺する出口文矢にモンテクリスト真海は、貞吉は過去に人を殺していると話し、未蘭の実母が急死したのは貞吉の犯行のように匂わせる。

そして、出口文矢が入間家を訪ねる日にモンテクリスト真海は入間夫妻を別荘に招待した。

出口文矢が入間家を訪れる当日、瑛理奈は出口文矢のためにお酒を割る炭酸とつまみを準備し家を出た。

 

入間夫妻が別荘に着き、乾杯をしようとするモンテクリスト真海に入間夫妻がもう1人の来客を待とうと言う。

もう1人の来客は南条すみれで、モンテクリスト真海から「南条すみれを近づけるな」と指示されていたのにも係わらず、江田愛梨が勝手に南条すみれを招待していた。

南条すみれはモンテクリスト真海が暖ではないか?とずっと気になっており、モンテクリスト真海と2人で話し、モンテクリスト真海が結婚を考えた女性がいたのか聞く。

モンテクリスト真海は一度だけ結婚を考えた女性がいたと打ち明け、「その女性はもう死んでしまった」と考えるようにしたと伝えた。

そしてモンテクリスト真海は南条すみれが既婚者で男と2人でいるところを見られたら迷惑がかかると気遣い部屋に戻ろうとする。

南条すみれはモンテクリスト真海の腕を掴み「真海さんは今幸せですか」と聞く。

するとモンテクリスト真海は涙を堪え、「ええ、とっても」と答えた。

そんなモンテクリスト真海に南条すみれは「よかったです。真海さんが幸せに生きていて。本当に良かったです。」と笑顔を見せ、「さようなら、お元気で」と別荘を後にした。

 

別荘にいた入間公平に未蘭から連絡が入る。

未蘭は出口文矢を入間家でもてなしていたが、守尾信一朗がダボハゼのオスを持って突然訪ねてきたため、出口文矢は少しの間1人になった。

「自分ではダメなのか?」と告白した守尾信一朗に、未蘭が小学生の時に実母が急死し、その時に精神的に助けてくれたのが瑛理奈と入間公平で自分だけ勝手なことはできないと伝えた。

そして出口文矢のもとへ戻ると、出口文矢は貞吉の部屋で死んでいた。

未蘭が叫び声をあげると、まだ未蘭の自宅近くにいた守尾信一朗が駆けつけた。

そして未蘭は入間公平に連絡し、入間公平から指示された病院に行った。

 

病院に到着した入間公平に医師が出口文矢の死因は未蘭の実母の時と似ており事件性の可能性があると伝えた。

しかし入間公平は自宅で事件が起きることなどないと認めなかった。

そして入間公平は自宅に戻るとそのまま貞吉の部屋に行き、「あなたですか、出口を殺したのは。」と攻めた。

 

別荘では明日花の絵を燃やしてるモンテクリスト真海に江田愛梨が近づき、出口文矢が死んだと報告。

そして江田愛梨は勝手に南条すみれを招待したことについて怒らないのか聞いてみた。

江田愛梨はモンテクリスト真海が男3人に復讐したいのか、それとも南条すみれを取り戻したいのか分からずにいた。

江田愛梨が「愛していたんですよね。あの女のこと」と聞くと、モンテクリスト真海は片手で江田愛梨の首を絞め始めた。

「真海さんになら殺されても構わない。でも私に代わって必ず南条幸男を殺してください」と訴えると、モンテクリスト真海は手を緩めた。

江田愛梨は出口文矢を殺害したのはモンテクリスト真海だと誤解していた。

そんな江田愛梨にモンテクリスト真海は入間家にいる悪魔を目覚めさせたのだという。

モンテクリスト真海は出口文矢の名前で瑛理奈に「13年前、前の奥様を殺害したように入間貞吉も殺害してください」と手紙を送っていた。

瑛理奈は息子が入間家の財産を全て相続できるように、未蘭も壊すと信じていた。

次は南条幸男で、南条幸男が抱え込んだ悪魔は江田愛梨だと言った。

江田愛梨はモンテクリスト真海に「南条幸男の一番大切なものを壊していいのか?」と聞くと、モンテクリスト真海は「ああ、すみれはもう死んだんだ」と答える。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯5話ネタバレ(前半),あらすじは神楽夫妻が離婚できない理由!

夜を共にした安堂完治(葉山奨之)が眠ているうちに、留美(稲森いずみ)は300万円と「夢をかなえてね」というメモを残し部屋を出ていた。

留美は自宅に戻りソファーで寝ていた神楽清の朝食を準備している。

神楽清(新井浩文)が目を覚ますと、「昨日はごめんなさい。これからも宜しくお願いします。」と、ひきつりながらも笑顔を見せた。

そんな留美に神楽清は「別れられねえよな、木島先生(嶋田久作)の紹介じゃ。まっ、俺も一緒か、、、」と呟く。

留美が1人になるとスマホに「背中を押してくれる大切な人に感謝」と安堂完治から新着メッセージが届いた。

そのメッセージを見て喜んでいる留美だっが、安堂完治は留美が置いていったお金を見て、女性を呼べる業者に電話した。

モンテクリスト伯5話ネタバレ,あらすじは南条すみれは暖を忘れない!

南条すみれは(山本美月)は江田愛梨(桜井ユキ)が運転する車の中で悪夢を見ていた。

仕事場に着くと江田愛梨が「ダンって何ですか?」と聞いた。

すみれは知らないフリをしてごまかし、明日花(鎌田英怜奈)が書いた絵をプレゼントしたいとモンテクリスト真海(ディーン・フジオカ)を南条家に招待するよう江田愛梨に指示した。

モンテクリスト伯5話ネタバレ,あらすじは遺産なしで未蘭の結婚が決まる!

外務省職員・出口文矢(尾上寛之)がモンテクリスト伯の別荘を訪れる。

出口文矢は想像以上に早く日本への異動が決まったのは、外務省だけではなくマレーシア政府にも口利きができるモンテクリスト真海のお陰だと非常に感謝していた。

そんな出口文矢にモンテクリスト真海は、出口文矢が婚約中である未蘭(岸井ゆきの)の祖父・貞吉(伊武雅刀)の殺害依頼をほのめかす。

モンテクリスト真海は出口文矢に冗談だと伝えたが、入間家が30億円の遺産相続で揉めていることを教えた。

 

未蘭は守尾信一朗(高杉真宙)が働く市場にダボハゼのオスを買いに来ていた。

守尾信一朗と未蘭が一緒に食事をしていると、守尾信一朗が釣ってきたダボハゼがオスではなかったことに気づく。

すると結婚が白紙になったと伝えた未蘭に、守尾信一朗は未蘭と会う口実にもなるとダボハゼのオスを必ず釣ってくると約束した。

 

未蘭が自宅に戻ると出口文矢が入間家を訪ねて来ていた。

入間公平(高橋克典)は出口文矢に貞吉の遺言状が書き換えられ、遺産が入らないが未蘭と結婚してほしいと深く頭を下げる。

出口文矢は遺産欲しさに結婚するのではないと言い、入間公平を安心させた。

そして未蘭は守尾信一朗に結婚が決まったことや、ダボハゼのオスを断るメッセージを送った。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯5話ネタバレ,あらすじは真海は婚約者を利用するため日本に戻したか?

出口文矢はモンテクリスト真海の別荘で食事を楽しんでいた。

遺産に関係なく結婚するという出口文矢に、モンテクリスト真海は未蘭と結婚しても30億円の遺産が手に入る方法があると助言。

モンテクリスト真海は未蘭と結婚する前に貞吉を殺害することを提案し、貞吉も人を殺している悪人だから罪悪感を持つ必要がないと伝えた。

モンテクリスト真海は13年前に急死した未蘭の実母の話をし、死因は毒殺の可能性が高いこと、貞吉と同居を始めたばかりであったこと、そして貞吉が実母を嫌っていたことを教え、貞吉の犯行であるように匂わせた。

そしてモンテクリスト真海は出口文矢との関係を末永く続けたいとプレッシャーを与え、出口文矢が次に入間家を訪れた時に犯行に及ぶようにと指示。

警察官僚の入間公平が自宅での事件性を認めるワケがなく必ず穏便に済ますと言い、「期待してますよ、出口さん」とトドメを刺した。

 

入間公平は貞吉の部屋に行き、貞吉に出口文矢と未蘭を結婚させると報告。

居間に戻ってきた入間公平に、瑛理奈(山口紗弥加))がモンテクリスト真海の別荘に夫婦で誘われていると言う。

モンテクリスト真海は、出口文矢が入間家を訪れる日に入間夫妻が留守になるよう仕組んでいるのだ。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯5話ネタバレ,あらすじは真海が出した手紙は脅迫状だった!

すみれが自宅で江田愛梨との電話を切ると、南条幸男(大倉忠義)にモンテクリスト真海の別荘で開かれたパーティーについて聞き始めた。

すみれはモンテクリスト真海との次の約束や、パーティーの招待客が気になっていた。

すみれはモンテクリスト真海にパーティーに行けなかったことを謝りたいと気にかけていたが、南条幸男は次の約束がないこと、招待客が神楽夫妻と入間夫妻だったことを告げる。

すみれは招待客を聞き、何か察したようだった。

 

ある日、江田愛梨の運転する車でモンテクリスト真海の別荘を訪れた南条すみれだったが、モンテクリスト真海に居留守を使われる。

運転席で待っていた江田愛梨にモンテクリスト真海から「彼女を二度と近づけないでくれ」とメッセージが届く。

 

神楽清は政治家・木島義国と食事をしていた。

五蓉不動産のCMに出演した南条幸男と国有地取引に大きな影響を及ぼす大臣の妻との会食の日程が決まったという。

木島義国は妻の口利きで、国有地取引の件は五蓉不動産に決まると考えいてた。

「まったく何をやっているんだ、お前は」という木島義国に、神楽清が「申し訳ございません。そこを何とか木島先生のお力で、、、」と大金を差し出し土下座する。

しかし木島義国は「むこうは大臣を抑えているんだ。こんなはした金でひっくり返せるワケがないだろうが」と一蹴。

さらに生き残りたいのなら足りない頭を使えと叱責。

 

神楽エステート事務所に戻ると、南条すみれが待っていた。

ライバル企業のCMに出演している南条すみれに神楽清は素っ気なく対応するが、すみれが先日のモンテクリスト真海のパーティーに招待されたのは「暖に関係ある人物ですよね?」と訴えると、神楽清は少し苛立ち気味に「まだ死んだヤツのこと引きずっているのか?まずいんじゃないのか?日本を代表するオシドリ夫婦の嫁に忘れられない男がいるのは、、、」と詰め寄る。

神楽清は反論する南条すみれを更に追い詰め、思いっきり頬を殴られた。

南条幸男を信じ切っている南条すみれを見て、神楽清は「本当に大したものだな、南条幸男って男は、、、」と意味ありげに拍手をした。

 

江田愛梨がモンテクリスト真海に背後から抱きつき、「なぜ、すみれを避けているのですか?」と聞く。

何も答えないモンテクリスト真海に「すみません、余計なことでした。」とその場を立ち去ろうとすると、手紙を出しておくようにと持っていた手紙を江田愛梨に差し出す。

モンテクリスト真海は「手紙には人の人生を壊すほどの力があると教えてくれた人がいてね、その人へのお返しだ」といった。

 

次のページでは南条すみれがモンテクリスト真海ににサヨナラを告げたシーンのネタバレ。

未蘭が瑛理奈をママと呼ぶようになったシーンのネタバレ。

瑛理奈がモンテクリスト真海が仕組んだ脅迫状の手紙で出口文矢を殺害してしまったシーンのネタバレを紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:

1

2

関連記事