主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ,スミレが衝撃事実を知り南条家が崩壊!

モンテクリスト伯7話ネタバレ(あらすじ)をシーンごとに結末まで詳しくまとめてみました。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」7話ではモンテクリスト真海がついに南条すみれに衝撃事実を告白。

真実を知った南条すみれと南条幸男は離婚。

そして南条すみれもモンテクリスト真海に衝撃事実を告白します。

こちらの「モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ」では、モンテクリスト真海が江田愛梨やヴァンパを利用し、南条幸男を精神的に追い詰める復讐のネタバレ。

江田愛梨がショーン・リーの娘だったと南条幸男に伝えるネタバレ。

江田愛梨は南条幸男に遺書を書かせます。

またモンテクリスト伯7話ネタバレ(あらすじ)では、南条すみれがモンテクリスト真海に衝撃事実を告白したことについても詳しくお伝えします。

その他、モンテクリスト伯7話ネタバレ(あらすじ)では入間公平の妻・瑛理奈の恐ろしい一面についてお詳しくお伝えします。

なんと瑛理奈は義父の貞吉に殺害計画を話し、その計画に貞吉が利用されるというものでした。

モンテクリスト伯7話ネタバレ(あらすじ)が非常に気になるところではありますが、まずはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」6話のあらすじを簡単に紹介します。

*ネタバレにはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の詳細な内容が含まれていますのでご注意ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯7話ネタバレのまえに6話あらすじチェック!

モンテクリスト真海がタブロイド紙に手を回し、失踪中のショーン・リー家族がヴァンパに殺害されたという新証言を記載し、香港マフィア・ヴァンパが南条幸男を狙うように仕組んだ。

ヴァンパはモンテクリスト真海の予想通り南条幸男を疑い、南条幸男が1人でいた行きつけのバーに姿を現した。

南条幸男も自宅に送られてきたFAXがヴァンパからのものだと疑っていたが、ヴァンパからではなく事件を詳しく知っている人間が南条幸男やヴァンパの他にもいると感づく。

ヴァンパは南条幸男の過去を調べていた神楽清の秘書・牛山を止めるようにと言い、もし止めなければ南条家もショーン・リーの家族のようになると脅迫。

南条幸男は神楽エステートの事務所に行き、自分のことを調べるな!と訴えた。

その様子から、神楽清はショーン・リー失踪事件に南条幸男が関与していると確信。

神楽清は南条幸男のスキャンダルを見つけ、国有地を落札しようと考え、モンテクリスト真海の別荘を訪ねた。

モンテクリスト真海が神楽清に事件当時の資料と証拠品が別荘にあると教えると、神楽清は見せてほしいと頭を下げた。

しかしモンテクリスト真海は「友人を売ることはできない」と断る。

どうしても資料の内容が知りたい神楽清は、金で寺門類に資料の写真を撮ってくるよう依頼。

寺門類がモンテクリスト真海の別荘の様子を調べていると、安堂完治が別荘から出てくるのが見え、好都合だと安堂完治を仲間に引き込んだ。

 

モンテクリスト真海の別荘に忍び込み、資料の写真を撮り金目のものを探していると、留美が現れ安堂完治を止めようとする。

しかし安堂完治が逆ギレし揉め、2人に気づいた寺門類が留美を背後から棒で殴る。

留美が寺門類に殺されそうになり、留美を助けようと揉め、寺門類を刺す。

「こんな時は埋めればいいんだ」と留美が言い、寺門類を埋めていると、誰かが近づいてきたため2人は慌てて逃げる。

近づいてきたのはモンテクリスト真海で、寺門類はモンテクリスト真海に助けを求めた。

しかし復讐心からモンテクリスト真海はそれに応じず、最後に「俺は柴門暖だ」と名乗り、足で土をかけた。

翌朝、留美は神楽エステートの事務所へ行き、神楽清に金をねだる。

神楽清が断ると、政治家・木島への賄賂を暴露すると脅迫した。

入間家

守尾信一朗が瑛理奈に注文を受け魚の配達に来た。

部屋に上がった守尾信一朗が入間公平に挨拶すると、「すいませんが、帰ってくださいませんか」と守尾信一朗を追い返してしまう。

納得がいかない未蘭に入間公平は、未蘭が傷つくのをみたくないと告げた。

未蘭は市場に守尾信一朗を探しに行き、市場のスタッフに聞いた話から、入間公平が表彰されたククメットの件で守尾信一朗の父親の会社の経営が悪化したと知る。

未蘭は守尾信一朗を見つたが、声をかけられず深く頭を下げその場を去った。

南条家

南条家ですみれと幸男がくつろいでいると、玄関のチャイムが鳴った。

すみれが玄関に向かうと、すみれの叫び声が聞こえ、ヴァンパに取り囲まれたすみれが部屋に戻ってきた。

モンテクリスト伯6話ネタバレ,あらすじはヴァンパ・ボスのダニーウォン(葉山ヒロのプロフィール入り)が南条家を襲う!ではもっと詳しくあらすじを知ることができます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ(前編),幸男を潰そうとしてるのは誰?

ヴァンパが南条家に現れ、すみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にする。

ヴァンパはショーン・リーの娘であるエデルヴァが事件のことで香港警察と接触する情報を掴んでいた。

ショーン・リーの娘であるエデルヴァは事件後、ヴァンパがある島に人身売買していたのだが、半年前に日本語を話せる人物がエデルヴァを島から連れて行ったという。

ヴァンパは南条幸男(大倉忠義)が誰かに狙われていると感づき、すみれと明日花を人質にとり南条幸男自身にその人物を探させることにした。

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ,神楽清が真海のシナリオに気づき始めた?

神楽エステートにはモンテクリスト真海が安堂完治(葉山奨之)の件で訪れていた。

モンテクリスト真海は神楽清(新井浩文)に安堂完治が詐欺師であること、そして留美(稲森いずみ)が全て承知の上で安堂完治を手助けしていると伝える。

そのお詫びとして、南条幸男がショーン・リー事件に関与していたことが明らかになり、神楽エステートが国有地を落札できると教えた。

モンテクリスト真海が立ち去ろうとすると、神楽清は「これって、全て真海さんのシナリオですか?」と聞く。

しかしモンテクリスト真海は「私は何もしていません。因果応報というやつでしょうか」とシラを切る。

モンテクリスト伯7話ネタバレあらずじ,入間公平が真海を名乗る人物を発見!

安堂完治と留美は安堂完治の借金を返しに来ていた。

留美は「722万4800円、ちゃんとありますよね」と念押しし、安堂完治の借金すべてをF&Dファイナンスに返済した。

会社から出ると、留美は「終わったね」と言い、美味しいものを食べに行こうと誘う。

そんな留美に安堂完治は「死体が見つからないかな」と問いかけ、留美は「大丈夫だよ」と安心させた。

 

寺門類(渋川清彦)の遺体が匿名の通報で警察に発見された。

発見現場にいた刑事・国見悠馬(森岡龍)は寺門類が浜浦町の出身と聞いて入間公平を訪ねる。

国見悠馬は寺門類が柴門暖をラデル共和国と人質交換をした時の関係者だと気づいていたのだ。

その情報から入間公平は柴門暖の死亡報告を調べ、ラデル共和国の大統領・ファリア真海がモンテクリスト真海と同じ名前であることを知る。

 

一方、未蘭(岸井ゆきの)は自宅で守尾漁業の従業員がラデル共和国に送られた事件について調べていた。

そこへ守尾信一朗が訪ねて来た。

自宅を訪ねたことが未蘭の迷惑になっていると気にかけている守尾信一朗に、未蘭は守尾漁業の従業員を逮捕したのは父の入間公平だと告げた。

「ごめんなさい」と謝る未蘭に、あの事件がなければ皆が幸せに暮らせたと何度も考えていたこと、従業員が冤罪だと信じていると話したうえで、引きずっていたら一生前に進めないと感じていること、もうこれ以上事件に縛られるのは止めようと決めたことを守尾信一朗が話し、2人の関係を深めた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ,留美の恐ろしい計画に貞吉が利用される?

入間家のキッチンでは家政婦が赤い瓶の蓋を開け、中身の匂いを嗅いでいる。

そこへ瑛理奈(山口紗弥加)近づいてきて「何してるの?お父様に頼まれたのね」と呟く。

瑛理奈は貞吉(伊藤雅刀)の部屋に行き、家政婦は暫く休みを取らせ今後は自分が面倒みると伝え、入間公平の前妻や出口文矢を殺害したことに貞吉が気づいていたことには「計画を話せる相手ができて嬉しいです」と喜んだ。

瑛理奈の計画というのは、瑛理奈は未蘭と守尾信一朗はロミオとジュリエット気取りで親の反対を押し切り一緒になると考えており、貞吉が溺愛する孫を取られないように病死に見せかけ毒殺。

そして貞吉が未蘭の後を追うように毒を飲み自殺。

貞吉と未蘭が死亡したら、入間公平と瑛理奈、そして瑛人が全ての遺産を引き継ぎ3人で仲良く暮らすというもの。

瑛理奈は証拠を作るため貞吉の指紋を赤い瓶につけ、赤い瓶が置いてある部屋の写真をスマホで撮影。

瑛理奈は入間公平が自宅で殺人事件が起きても絶対に認めないと信じていた。

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ,ショーンリー事件の罪をすみれも背負うと約束!

神楽エステートに南条幸男が現れ、神楽清に「俺を潰そうとしてるんだろ」と凄い剣幕で聞く。

そんな南条幸男に潰そうとしているのはモンテクリスト真海だと教えた。

そして神楽清は元漁師の感でモンテクリスト真海が自分を潰しにくることも予感していた。

 

南条幸男はモンテクリスト真海を訪ね「あんた何者なんだ。俺にどんな恨みがあるっていうんだよ」と怒鳴りつける。

「私はあなたの友人ですよ」とシラを切り、2時を知らせる時計が鳴ると、南条幸男は3時までに南条幸男を狙っている人物を調べ、ヴァンパに教えるという約束を守るため急いで自宅に向かう。

ヴァンパは戻ってきた南条幸男に犯人がモンテクリスト真海だと聞くと去っていった。

ヴァンパが去ったあと、南条すみれにヴァンパに狙われた理由を聞かれ、南条幸男はショーン・リー事件のことを話し始める。

ショーン・リーは嫁が日本人であったため南条幸男を家族のように可愛がってくれていたのだが、その頃の南条幸男は仕事がなく金銭的に困りヴァンパのボス・ダニーウォン(葉山ヒロ)から借金をしていた。

しかし借金の返済ができず、ヴァンパに脅迫され、ショーン・リーの自宅にあった翡翠の置物を盗む手伝いをすることになり、ショーン・リー家族が旅行中にヴァンパを部屋に入れた。

だが思いもよらずショーン・リー家族が1日早く帰って来たため、顔を見られたヴァンパはショーン・リーと妻を殺害し、一人娘のエルヴァを売ったと話す。

「なんであの人たちがウチに?」と聞く南条すみれに、「事件の真相をバラして俺を潰そうとしている人間がいる。その犯人を奴らは突き止めるために来た」と告げる。

南条幸男はモンテクリスト真海がなぜ自分を狙っているのか分からず、もしかしたらショーン・リーの知り合いなのかもしれないと推測し、もし自分が自首すれば、ヴァンパが南条すみれや明日花を襲うと承知していたので、事件を隠し通して生きていくと決めていた。

「こんなヤツといないほうがいい」という南条幸男に、南条すみれは「一緒に乗り切ろう、今度は私が幸男を助ける番だよ」と言い、南条幸男と一緒に罪を抱え、一生償っていくと決心した。

 

別荘では、江田愛梨(桜井ユキ)がモンテクリスト真海に南条夫妻が翌日ベストパートナー賞を受賞すると報告。

モンテクリスト真海は江田愛梨に祝電を送るように指示した。

 

次のページでは、すみれが柴門暖に気づいてたネタバレ、江田愛梨がショーン・リーの娘であることを告げる復讐のネタバレ、南条幸男が全て失ったネタバレを紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

ページ:

1

2

関連記事