主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ,最終回を原作で予想し未蘭は生存&愛梨が結婚?と感想

モンテクリスト伯8話のネタバレ(あらすじ)をシーンごとに結末まで詳しくまとめてみました。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」7話は、モンテクリスト真海が南条幸男に復讐し南条幸男を追い詰めるというものでした。

南条幸男を追い詰めた結果、南条すみれも追い詰めることになってしまいましたね。

南条すみれは南条幸男を守るため、モンテクリスト真海の元へ行き、責めるなら自分を責めるようにと伝えました。

そして南条すみれはモンテクリスト真海に、モンテクリスト真海と初めて会った時から柴門暖だと気づいていたことも打ち明けましたね。

しかしその後も南条幸男は、江田愛梨がショーン・リーの娘だったことを知らされ、自殺を図りました。

ですがモンテクリスト伯8話ネタバレあらすじでは、南条幸男が命を取りとめ生存していることが分かります。

そしてモンテクリスト伯8話ネタバレあらすじでは、入間公平がモンテクリスト真海が柴門暖だと気づき、ラデル共和国へ強制送還しようと企てていることも分かります。

その他、モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじでは、瑛理奈の殺害計画がどのようになるかも分かります。

こちらでは、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」8話の詳細な内容をシーンごとにお伝えします。

そして最後の「モンテクリスト伯8話あらすじネタバレ&感想,9話最終回原作からの予想!」では、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」最終回9話の結末を原作から予想したものもお伝えします。

モンテクリスト伯8話ネタバレ(あらすじ)が非常に気になるところでありますが、まずはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」7話のあらすじを簡単に紹介します。

*ネタバレにはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の詳細な内容が含まれていますのでご注意ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯8話ネタバレの前に7話あらすじチェック!

南条家の崩壊

ショーン・リー事件について娘のエデルヴァが香港警察から事情徴収を受ける情報を入手したヴァンパは、南条幸男が誰かに狙われていると気づき、南条すみれと明日花を人質にとり、南条幸男自身に自分を狙っている人物を探すよう指示した。

南条幸男は神楽清を疑っていたのだが、神楽清から南条幸男を狙っているのはモンテクリスト真海だと聞く。

南条幸男がモンテクリスト真海を問い詰めてもモンテクリスト真海は認めなかった。

しかし別荘にはショーン・リーの自宅にあった翡翠の置物が飾ってあり、南条幸男を狙っていた人物がモンテクリスト真海なのは明らかだった。

 

南条幸男がヴァンパにモンテクリスト真海の名を伝えヴァンパが去ると、南条幸男は南条すみれにショーン・リー事件について話し始める。

南条幸男は香港で暮らしていた頃、金銭的に困っていたためヴァンパのボス・ダニーウォンから借金した。

しかし借金を返すことができず、ヴァンパに脅迫され、ショーン・リー家族が旅行中にヴァンパを盗みの目的で部屋に入れた。

そこへショーン・リー家族が予定より早く帰宅したため鉢合わせになり、ヴァンパはショーン・リーと妻を殺害。

そして娘のエデルヴァを島で売った。

その話を聞いた南条すみれは今度は自分が南条幸男を守ると決意。

 

南条すみれは南条幸男を潰そうとしているのがモンテクリスト真海だと知り、ベストパートナー賞授賞式の前にモンテクリスト真海に会いに行く。

突然別荘に現れた南条すみれをモンテクリスト真海は追い返そうとするが、南条すみれは「主人を責めないでください」と話しはじめる。

南条すみれはモンテクリスト真海と初めて会った日から柴門暖だと気づいていたと伝え、柴門暖を見捨てた自分が悪いのだと言った。

そんな南条すみれに「あなたは何も解っていない、悪いのは幸男なんだよ」と声を荒げ、南条幸男が柴門暖を警察に通報したと教えた。

 

ベストパートナー賞の授賞式、南条幸男が挨拶をしていると、記者たちに「ショーン・リー殺害に南条幸男が関わっているとの情報が!」とメッセージが一斉に届く。

会場が騒然とする中、南条すみれは「私たちは今日限りで離婚します」と伝え会場を後にし、南条すみれが柴門暖の件を知っていたことに南条幸男は呆然とする。

 

南条幸男が自宅に戻ると、江田愛梨からショーン・リーの娘であるエデルヴァだと聞かされ、南条すみれや明日花を辛い目にあわせたくなければ、遺書を書くようにと強要しその場を去る。

しかし江田愛梨は明日花からの電話で気が変わり南条幸男の元へ戻るのだが、南条幸男は江田愛梨の目の前で自殺を図った。

寺門類の遺体発見

寺角類の遺体が匿名の通報で警察に発見される。

現場にいた刑事・国見悠馬から遺体がラデル共和国の人質交換の時の関係者と教えられた入間公平は、柴門暖の死亡報告を調べ、モンテクリスト真海と同じ名前を名乗るラデル共和国の大統領・ファリア真海を知る。

警察はモンテクリスト真海に任意の事情聴取を求めるが、モンテクリスト真海は「関係のない事件に巻き込まれるほど恐ろしいことはない」と断わりながらも、非常に信用できる入間公平のお誘いなら任意同行に応じると入間公平を挑発した。

入間家

入間家では未蘭が守尾漁業のスタッフが巻き込まれた事件について調べていた。

そこへ守尾信一朗が自宅に訪ねてくる。

未蘭は守尾漁業のスタッフを逮捕したのが父・入間公平だったので罪悪感を感じていたのだが、守尾信一朗は事件に縛られず前に進もうとしているとを告げ、2人の仲が深まった。

 

一方、貞吉は出口文矢と入間公平の前妻を瑛理奈が毒殺したと気づく。

貞吉にバレたと気づいた瑛理奈は、今後の殺害計画を貞吉に告げる。

瑛理奈の殺害計画は、未蘭が守尾信一朗に取られるのを拒み貞吉が毒殺し、貞吉も服毒自殺。

その後は入間公平、瑛理奈、瑛人で遺産を引継ぎ仲良く暮らすというものだった。

モンテクリスト伯7話ネタバレあらすじ,スミレが衝撃事実を知り南条家が崩壊!ではもっと詳しくあらすじを知ることができます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ(前編),すみれが暖に代わって幸男に復讐?

モンテクリスト真海(ディーン・フジオカ)は、南条幸男(大倉忠義)が入院する病院お訪れていた。

江田愛梨(桜井ユキ)に遺書を書かされ、自宅で自殺を図った南条幸男だったが、明日花(鎌田英怜奈?)の声を聞いた江田愛梨が南条家に戻り、殺したいほど憎い南条幸男を救っていたのだ。

モンテクリスト真海は一命を取りとめた南条幸男を殺害するため、病室の点滴に薬を投与しようとしていた。

そこへ南条すみれが現れ、「ダメだよ、そんなことしちゃ、どうしても殺したいなら私がやる」と告げ、「そんなに南条幸男が大切か」と聞くモンテクリスト真海に、「暖にそんなことさせたくないから」と告げた。

そんな南条すみれにモンテクリスト真海は「だったらお前がやれ」と薬を投与する注射器を渡す。

しかし南条すみれが躊躇している間に、明日花が病室に入ってきたので実行できず殺害を南条すみれに託しモンテクリスト真海は病室を出た。

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ,瑛理奈が貞吉に殺害予告!

モンテクリスト真海が海辺で釣りをしていると、守尾信一朗(高杉真宙)が現れ何度も顔を合わすモンテクリスト真海に自己紹介した。

そこへ未蘭(岸井ゆきの)から守尾信一朗に連絡が入り、モンテクリスト真海は守尾信一朗の彼女が未蘭と知る。

 

入間家では、未蘭が入間公平(高橋克典)に守尾信一朗に会ってほしいと説得していた。

「もう彼には会うなと言ったはずだ」という入間公平に、入間公平の一番の味方でいるようにと実母に頼まれた約束を守り、ずっと入間公平の言うことを聞いてきた未蘭が、「今回だけは私の好きなようにさせてください」と懇願。

しかし入間公平も未蘭を必ず幸せにするという前妻との約束を守ろうとする。

そんな二人を見ていた瑛理奈(山口紗弥加)が未蘭に「時間をかけて説得すればきっと大丈夫。それに強い味方がいるでしょ」と助言し、貞吉の部屋を見る。

未蘭が貞吉の部屋に行くと、貞吉は未蘭に何かを伝えようとしてた。

そこで未蘭はパソコンを利用して貞吉と会話しようとするのだが、貞吉の伝えようとした文章は意味不明なものだった。

会話になっていない文章を不思議がる未蘭に瑛理奈は貞吉に認知症の疑いをかける。

あとは自分がなんとかすると未蘭を部屋から追い出した瑛理奈は貞吉に、「視線をとらえるレンズを汚しておいたんです」と文書が意味不明になった理由を白状した。

そして翌日、守尾信一朗が入間家に遊びに来た時に貞吉の目の前で未蘭を殺すと教えた。

そこへモンテクリスト真海が貞吉に突然会いにやってきた。

動揺する瑛理奈にモンテクリスト真海は投資家として以前から貞吉と話がしたかったと言い、瑛理奈が部屋から出ていくと、モンテクリスト真海が持ってきた文字盤を使って貞吉とアイコンタクトで会話し、モンテクリスト真海は未蘭が殺されることを知った。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ,神楽清が入間公平を脅迫!

神楽清(新井浩文)は入間公平にモンテクリスト真海の情報を伝えようと呼び出していた。

神楽清は入間公平にモンテクリスト真海が南条幸男の自殺や、寺角類(渋川清彦)の殺人事件に関与していると伝えた。

そして神楽清自身も狙われていること、妻の留美(稲森いずみ)が詐欺師の安堂完治(葉山奨之)にハマり神楽清の全財産を持っていかれたことなどを伝え、入間公平の周りでもトラブルがあると予測した神楽清は入間公平に「やられる前にやらないと、入間さんだったらできますよね」とモンテクリスト真海の動きを止めるよう催促。

しかし入間公平は「私は警察官ですよ、頼む相手を間違ってないですか?」と突っぱねる。

そんな入間公平に神楽清は「昔、私の妻と愛人関係だった男をご存知ですか?」「15年前のククメットの手紙、あなたのお父さん入間貞吉さんに宛てたものですよね?」と脅す。

入間公平が「真海は何者だと思う?」と聞くと、神楽清は「たぶん入間さんの考えと同じです、あいつをもう一度殺してください」と依頼した。

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ,ファリア真海と柴門暖の関係に入間公平が気づきラデル共和国へ強制送還予定!

入間公平は15年前に柴門暖を取り調べた取調室にモンテクリスト真海を呼んだ。

入間公平はファリア真海を調べており、柴門暖とファリア真海が同じ刑務所いたことや、ファリア真海が極中死した直後の1年前からモンテクリスト真海が突如として現れたことで、柴門暖がモンテクリスト真海を名乗り復讐するために戻って来たと気づいていた。

事情徴収ではモンテクリスト真海を脱獄囚としてラデル共和国へ送り返すと伝えた。

モンテクリスト真海が立ち去ると、1人の刑事が取調室に入ってきて、安堂完治のDNAが殺人事件現場から検出されたという。

入間公平は急いで留美に連絡し、安堂完治からすぐに離れるようにと助言した。

 

つぎのページでは入間公平が柴門暖に負け証拠書類を燃やすことになるシーンのネタバレ。

瑛理奈が未蘭を殺害しようとるシーンのネタバレなど。

その他、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」9話最終回の結末を原作からモンテクリスト真海が南条すみれと江田愛梨のどちらを選ぶのか?、未蘭の結末はどうなるのか?の予想を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:

1

2

関連記事