主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末までと感想,復讐を止める条件はスミレと結婚!

モンテクリスト伯9話最終回の結末までのネタバレあらすじをシーンごとに詳しくまとめてみました。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」9話では、モンテクリスト真海の復讐が完結します。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」でモンテクリスト真海の復讐に最も巻き込まれてしまった人物は誰になるのでしょうか?

そしてやはり気になるのは、モンテクリスト真海とすみれの結末。

モンテクリスト真海とすみれは最終回で結ばれるのでしょうか?

それともモンテクリスト真海は江田愛梨と結ばれるのでしょうか?

どうやらモンテクリスト真海はスミレにプロポーズするようです。

こちらでは南条すみれとモンテクリスト伯の結末までのネタバレあらずじ、入間公平や未蘭の結末のネタバレあらすじなど、ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」9話最終回を結末までシーンごとに詳しくお伝えします。

ドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」最終回9話の結末が非常に気になるところではありますが、まずは8話のあらすじを簡単にお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

*ネタバレあらすじにはドラマ「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」の詳細な内容が含まれていますのでご注意ください。

モンテクリスト伯9話ネタバレ最終回のまえに8話のあらすじチェック!

南条家

南条幸男は自殺を図ったが江田愛梨が救っていた。

勝手なことをした江田愛梨をモンテクリスト真海は10億円の小切手を渡し解雇。

そして自ら南条幸男を殺害するため、南条幸男が入院している病室に見舞客を装い訪れた。

病室に入りモンテクリスト真海が点滴に薬を投与しようとすると、南条すみれが現れ「どうしても殺したいなら私がやる」と南条幸男を殺害しようとするのだが、明日花が病室に入ってきたため中断。

その後、再度点滴に薬を投与しようとしたが、明日花の寝言を聞き考え直したところで、南条幸男に背後から押さえつけられた。

入間家
守尾信一朗を認めない入間公平と未蘭が言い争いとなり、納得のいかない未蘭に瑛理奈は貞吉が味方だと目で合図をした。

貞吉の部屋に訪れた未蘭に貞吉は端末で未蘭の危機を教えようとした。

しかし瑛理奈が端末のレンズを細工しており、未蘭に伝えることができなかった。

そこへ未蘭が守尾信一朗の彼女だと気づいたモンテクリスト真海が貞吉を訪ね、未蘭の殺害計画を知り、守尾信一朗に未蘭を助けるための薬を渡した。

 

守尾信一朗が入間家を訪ね、貞吉に自己紹介をしていると、瑛理奈が用意した毒入りレモネードを飲んでいた未蘭が突然倒れる。

守尾信一朗はモンテクリスト真海から貰った薬を思い出し未蘭に薬を渡したのだが、薬を飲んだ直後に未蘭は意識を失い病院に運ばれた。

入間公平は医師から毒殺の疑いがあり警察に通報するよう告げられるが拒む。

その話を聞いていた守尾信一朗は毒を飲ませのは自分だと言い、薬はモンテクリスト真海から渡されたものだと告げた。

神楽家
神楽清は入間公平に、南条家のトラブルや寺門類の殺人事件にモンテクリスト真海を名乗る柴門暖が関わっていると告げた。

そして神楽清自身も留美に全資産持っていかれたと告げ、ククイットの手紙や留美の愛人だった件で入間公平を脅迫し、入間公平に柴門暖の始末を依頼。

入間公平はモンテクリスト真海の事情徴収をし、柴門暖と指紋が一致したモンテクリスト真海をラデル共和国へ強制送還しようとした。

しかし入間公平はモンテクリスト真海に留美の子供のことで脅迫され検査結果を燃やすことになる。

 

神楽清の会社に留美が依頼し闇金が大金を持ってやってきた。

留美は大金の連帯保証人を神楽清にし、大金の一部を安堂完治との逃亡費に充てるつもりでいた。

留美が大金の一部を持って逃げようとすると、秘書・牛山が助け、闇金のスタッフが神楽清を背後から襲い、失神した神楽清は監禁された場所で目を覚ます。

一方、留美は安堂完治とレンタカーを借り逃走。

モンテクリスト伯8話ネタバレあらすじ,最終回を原作で予想し未蘭は生存&愛梨が結婚!ではもっと詳しくあらすじを知ることができます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで(前編),絶対に許さない!

別荘へ守尾信一朗(高杉真宙)がやってきてた。

守尾信一朗が訪ねてきた理由を察していたモンテクリスト真海(ディーン・フジオカ)は、守尾信一朗に復讐に巻き込んでしまったと詫び、「あなたには必ず幸せが待っています」と告げる。

しかし納得のいかない守尾信一朗は「ふざけんな!何でこんなこと、、、何で未蘭(岸井ゆきの)さんを、、、」とモンテクリスト真海を責めた。

そんな守尾信一朗にモンテクリスト真海は「いずれ私は罰を受けるでしょう、どうが貴方だけはこのむごい世界に足を踏み入れないでください。」と伝え、部屋から連れ出すよう秘書・土屋(三浦誠己)に指示。

「俺は絶対に許さない」と守尾信一朗が部屋から出ていくと、モンテクリスト真海は「許しなど求めていない」と一人呟く。

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで,未蘭の犯人を入間公平が知る!

入間家では、瑛理奈(山口紗弥加)が未蘭の罪をかぶせ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとしていた。

瑛理奈の計画では、貞吉がリハビリで動けるようになっていて、守尾信一朗に奪われそうになった未蘭に毒を飲ませ、その責任を取って自殺するというものだった。

瑛理奈がまさに貞吉を殺害しよとした瞬間に入間公平が帰宅。

入間公平は守尾信一朗から未蘭が狙われていると聞き、瑛理奈に不信感を抱いていた。

入間公平に目で合図する貞吉にモンテクリスト真海が置いて行った文字盤で情報を聞き、瑛理奈が未蘭に毒を飲ませた犯人だと悟る。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで,復讐は暖を待っていなかったスミレの責任!

監禁場所に設置されていたテレビを見て、神楽清(新井浩文)は国有地取引で政治家・木島義国(嶋田久作)への闇献金疑惑がニュースで報道されていると知る。

そこへF&Dファイナンスの天野満(柳俊太郎)が手下を連れ入ってきて、柴門暖がラデル共和国で受けたものと同様の拷問を神楽清にする。

その様子をモンテクリスト真海が見ていると、江田愛梨(桜井ユキ)から連絡が入り、南条幸男とすみれが病室から消えたと言う。

江田愛梨は南条幸男がモンテクリスト真海を襲うだろうと心配し、自分が何とかすると告げた。

 

南条幸男(大倉忠義)とすみれ(山本美月)は車でモンテクリスト真海の別荘に向かっていた。

しかし途中で南条幸男が江田愛梨と明日花(鎌田英怜奈)が病院に2人でいることを知り、すみれに江田愛梨は南条幸男に復讐するために近づいてきたショーン・リーの娘であると教え、明日花の元へ行くように伝えた。

車から降ろされた南条すみれは南条幸男に「変なこと考えないで」と助言するが、南条幸男は「怖いか、あいつがもう一度いなくなるのが。俺なんて死んだほうがマシなんだろ」と言い返す。

「明日花がいるのよ」と言うすみれに、「勝手に離婚を切り出しておいてよく言うよ」とすみれを責め、南条幸男は一人でモンテクリスト真海の別荘へ向かった。

一方、すみれは病院に戻り、明日花が無事だったと確認すると江田愛梨と2人きりで話し始める。

江田愛梨は南条幸男の復讐で南条すみれを壊してもいいとモンテクリスト真海が許可していたと告白。

すみれは動揺し、「暖はこれからどうするつもり?幸男を殺そうとしてた、そんなことする人じゃなかった」と言うが、江田愛梨は「あなたは真海さんの何を知っているの?」と問い詰める。

江田愛梨は家畜同然の地獄のような日々からモンテクリスト真海が救い出してくれたことに感謝し、モンテクリスト真海と復讐を楽しむことにしたと告げた。

「本当は苦しんでるんでしょ?」と聞くすみれに、「苦しんでるのは誰のせいよ。」と江田愛梨は言い返し、モンテクリスト真海をひどい目に合わせた連中とすみれも同罪だと告げ、「あんたがちゃんと待っていれば、真海さんはこんなことしなかった。」と責めた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで,入間公平が保身の男だと見抜いていた瑛理奈!

モンテクリスト真海は未蘭の見舞いを装って入間公平に会いに来た。

入間公平が面会謝絶になっている病室の前で座っていると、「さすが警視庁刑事部長、真の悪魔に気づかれたんですね、おめでとうございます」と皮肉たっぷりにモンテクリスト真海が言う。

そして本当は妻が犯人だと気づきながらも保身のため何もせず、瑛理奈は入間公平が隠すと承知の上で毒殺を続けていたのだと告げた。

「うせろ」という入間公平にモンテクリスト真海は留美(稲森いずみ)が安堂完治(葉山奨之)と逃走中であると教える。

留美と安堂完治が一緒に逃走していると知った入間公平は留美に連絡し、留美と安堂完治は入間公平を苦しめるためにモンテクリスト真海が利用したのだと伝えた。

しかし留美は利用されたのだとしても息子に会えたことで、モンテクリスト真海に感謝していた。

そして留美は入間公平に一度見殺しにした息子を今度は助けようと協力を求める。

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで,海外逃亡の罠に安堂完治がハマる!

モンテクリスト真海が柴門恵の墓参りをしていると、南条すみれが現れ「お母さんに何を話したの?あなたがやっていることを許してもらおうと思った?」と問い詰める。

南条すみれはモンテクリスト真海が本当はもう復讐を止めたいのだと考えていた。

しかしモンテクリスト真海は復讐する相手が苦しむ姿をみるほどの幸せはなく、復讐が終わる時に最高の幸せを味わうだろうと話す。

「お母さんはそんなこと望んでない」という南条すみれに、モンテクリスト真海は「私と結婚してください。南条幸男も明日花ちゃんも全てを投げ捨てて私と一緒になってください。2人だけで幸せになりましょう。そうすれば、私は復讐を止めます」と復讐を止める条件をだし、返事は翌日に別荘で開かれる晩餐会で聞かせてほしいと伝えた。

車に戻ったモンテクリスト真海は秘書・土屋に明日から休暇を取るよう指示。

休暇を取るように言われた秘書・土屋はモンテクリスト真海がシンガポールに戻るのだと察し、「シンガポールは暑いんでしょうね?」と聞いた。

するとモンテクリスト真海は秘書・土屋がシンガポールに行ったことがないと気づき「今度連れてってやる」と約束。

そして休暇前の最後の仕事として入間公平の車を追跡させた。

 

入間公平は留美との約束場所に現れ、安堂完治に自分の子供だと告白し、愛人だった留美が22年前に安堂完治を出産したが、息をしていなかったため遺棄したと謝罪。

事実を知った安堂完治は吐き気を催したのだが、留美は「私は嬉しかったよ、あなたが自分の息子だと分かったとき、あなたか生きていたと分かったとき、本当に嬉しかったよ」と涙ながらに伝えた。

そして入間公平が警察の情報を入手できる立場であることから、安堂完治を必ず海外に逃がすと約束。

入間公平を信用しない安堂完治に留美は「大丈夫だと思う、この人は誰よりも保身のために生きている人なの。自分のために必死で逃がしてくれるはずよ」と助言。

海外逃亡する安堂完治に、留美が「あなたのこと愛しているからね。親子だと思ってくれなくてもいい、私は勝手にあなたの幸せをずっと祈っているから」と母親として伝えると、「うぜぇんだよ、世話焼きババア」と笑顔を見せた。

入間公平は安堂完治を車で港まで連れて行き、知り合いの船に乗船させる手配ができていると告げ、2人で車から降り22年前の話を始めた。

留美は妊娠するとすごく喜び、誕生日には必ず親子3人でお祝いしようと約束していたのだが、安堂完治にはささやかな幸せも与えることができず、遺棄してしまった罪悪感に苛まれてきたと話す。

しかし、その直後「だが今は本当に救われた気分だよ、これ以上罪悪感が増えることはないんだからな。同じことをしても」と言い、安堂完治を警棒で殴る。

意識が朦朧とする中、山中に遺棄しようとしているのが入間公平の独断だと知った安堂完治は「これを母さんに渡してくれ。それだけ頼む」と留美にブレスレットを返すよう頼む。

入間公平はブレスレットを腕から外すとポケットに入れ、安堂完治を埋めその場を離れた。

その直後、秘書・土屋が「死ぬな、生きろ」と必死に安堂完治を掘り起こす。

 

 

スポンサーリンク



 

 

モンテクリスト伯9話ネタバレあらすじ最終回を結末まで,南条幸男は結婚しても暖に負けていた!

モンテクリスト真海の別荘ではモンテクリスト真海の帰りを待つ南条幸男が江田愛梨に「暖ちゃんと会った時、ヤバいと思った。すみれは絶対こいつのこと好きになると分かった。ずっとあいつには勝てなかった。いなくなって、すみれ取り戻して結婚してからもずっと負けてた」と心のうちを明かした。

最後にケリをつけると話す南条幸男がモンテクリスト真海にすみれを返し自殺するつもだと江田愛梨は予測し、「余計なことしないで、真海さんがあんたの話に付き合うはずない」と言うと、南条幸男は江田愛梨を人質にすると江田愛梨に近づこうとするが足がフラつき動けなくなる。

南条幸男は江田愛梨に仕組まれ、椅子に縛り付けられてしまった。

 

つぎのページではモンテクリスト真海が復讐を他人任せにしたネタバレ、入間公平と瑛理奈の結末までのネタバレ、安堂完治が海外逃亡で入間公平にハメられ遺棄される結末のネタバレ。

モンテクリスト真海が復讐を止める条件としてスミレにプロポーズするネタバレをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ページ:

1

2

関連記事