ピーターラビットラビット(映画)吹き替え声優日本版一覧,三つ子の妹編では名前別に紹介

ピーターラビットには3つ子の妹がいます。

妹の名前はモプシー、フロプシー、カトンテールでしたね。

長女はモプシーのため威張っていて、フロプシーとよく争っています。

カトンテールは我が道を行くタイプなのだとか。

それでは、三つ子の妹の名前別に吹き替え日本語声優を紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

映画ピーターラビット三つ子の妹モプシー日本語吹き替え声優は木下紗華!

ピーターラビットの3つ子の妹モプシーの吹き替え日本語声優は、木下紗華(きのした・さやか)さんでした。

アメリカ版はエリザベス・デビッキさん。

木下紗華さんは1981年7月21年生まれ、千葉県出身。

木下紗華さんは吹き替えを中心に活躍されています。

木下紗華さん曰く、外画の吹き替えが多いとのこと。

とはいえ、日本のテレビアニメなどでも活躍しています。

近年の一例をあげると、2018年「サンリオ男子」誠一郎の母役、2018年「魔法使いの嫁」エリアス役など。

 

映画ピーターラビット3つ子の妹フロプシー日本語吹き替え声優は清水理沙!

ピーターラビットの3つ子の妹フロプシーの日本語吹き替え声優は、清水理沙(しみず・りさ)さんでした。

アメリカ版はマーゴット・ロビーさん。

清水理沙さんは1988年9月9日生まれ、神奈川県出身。

清水理沙さんが芸能界デビューしたのは赤ちゃんの時。

なんでも生後10ケ月で赤ちゃんモデルとしてスカウトされたのだとか。

その後は両親の影響で劇団ひまわりに入団し、時代劇や舞台で活躍していたそうです。

清水理沙さんの吹き替え声優デビューの作品は1999年「ライオン・キング2シンバズ・プライド」で、なんと小学5年生だったのだとか。

清水理沙さんの近年のテレビアニメの一例をあげると、2017年「進撃の巨人」リーネ役など。

劇場アニメでは2017年「ひるね姫~知らないワタシの物語~」森川イクミ役など。

*清水理沙さんは、映画「ピーターラビット」語り手の日本語吹き替えも担当しています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

映画ピーターラビット3つ子の妹カトンテール日本語吹き替え声優は下田レイ!

ピーターラビットの3つ子の妹カトンテールの日本語吹き替え声優は、下田レイ(しもだ・れい)さんでした。

アメリカ版はデイジー・リドリーさん。

下田レイさんは10月6日(年不明)生まれ、埼玉県出身。

下田レイさんは多くの吹き替えを担当しているのですが、下田レイさん自身の情報は殆どありませんでした。

テレビアニメや外画の吹き替えの一例を紹介します。

テレビアニメ2014年「ポケットモンスターXY」マダム・カトリーヌ役、2016-2018年「アイカツスターズ!」幸本薫役、2017年「シルバニアファミリーミニストーリー」クマの男の子役など。

映画「英国法のスピーチ」ウォリス・シンプソン役、映画「だれもがクジラを愛してる」ネイサン役など。

ピーターラビット(映画)吹き替え日本版一覧,動物編ではジマイマやピグリンなど紹介!

こちらでは映画「ピーターラビット」に登場した動物のキャラクターの現在判明している日本語吹き替え声優とアメリカ吹き替え声優の名前をお伝えします。

じつは、あひるのジマイマ・バトルダック、かえるのジェレミーフィッシャーどんのアメリカ吹き替え声優は、映画「ピーターラビット」で役者と声優の二役やっているんですよ。

ジマイマ・パドルダック
吹き替え日本語声優:雨蘭咲木子(アメリカ:ローズ・バーン)

*ローズ・バーンさんはビア役を演じている女優。

ジェレミー・フィッシャーどん
吹き替え日本語声優:不明(アメリカ:ドーナル・グリーソン)

*ドーナル・グリーソンさんはトーマス・マグレガー役を演じている俳優。

ピグリン
吹き替え日本語声優:魚建(アメリカ:ユエン・レスリー)

ティギーおばさん
吹き替え日本語声優:堀越真己(アメリカ:シーア)

まちねずみジョニー
吹き替え日本語声優:鈴木達央(アメリカ:デヴィッド・ウェンハム)

JWルースター二世
吹き替え日本語声優:千葉繁(アメリカ:ウィル・ライヒェルト)

 

映画ピーターラビット吹き替え日本語声優,その他編

こちらでは映画「ピーターラビット」で現在判明している吹き替え日本語声優とアメリカ吹き替え声優の名前をまとめました。

バナマン
吹き替え日本語声優:多田野曜平(アメリカ:ガレス・ディヴィス)

ベティ
日本語声優:神代知衣(アメリカ:サシャ・ホーラー)

クリス
吹き替え日本語声優:斉藤寛仁(ディブ・ローソン)

フィル
吹き替え日本語声優:こばたけまさふみ(アメリカ:アレックス・ブリアス)

郵便配達
吹き替え日本語声優:鉄平(アメリカ:サム・ハフト)

 

 

スポンサーリンク



 

 

映画ピーターラビット吹き替え日本語声優について最後に一言

映画「ピーターラビット」はハリウッドで初めて実写化された映画です。

じつはハリウッドで公開された時の予告編と日本の予告編が全く違うのだとか。

アメリカでの予告編は、いたずら好きなピーターラビットのドタバタコメディー感をイメージしたもの。

日本のものは可愛い感じをイメージしているのだとか。

イメージを変えた理由はウィル・グラック監督は日本で暮らしていたことがあり、絵本「ピーターラビット」の舞台となるイギリスの湖水地方にあるビアの家を観光している日本人が多くいることを知っていたからだそう。

絵本「ピーターラビット」は可愛いイメージがありますので、日本人のイメージを壊さないよう配慮してくださったのかもしれませんね。

じつは映画「ピーターラビット」は絵本「ピーターラビット」ともイメージが違うと話題になっているようです。

映画と絵本の違いを楽しむのも面白そうですね。

 

以上が映画「ピーターラビット」吹き替え声優日本版をまとめた結果です。

 

 

スポンサーリンク



 

おすすめの記事