主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかあらすじネタバレ2週11話&感想,しずの夫が自殺未遂と勘違いで大笑い?

2017.10.13

NHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週11話と感想をまとめてみました。

NHK朝ドラわろてんか2週11話では藤岡しず(藤岡てんの母)の夫が自殺するのではと大騒ぎになります。

しかし実際は藤岡しずの夫は自殺しようとしていたのではなく、あるものを片づけようとしていただけ。

じつは藤岡しずの夫が自殺するのでは?と勘違いされたのには訳がありました。

どんな理由からだったのでしょうか?

そして、わろてんか2週11話では伊能栞(高橋一生)と藤岡てんの結婚が破談となり、伊能栞(高橋一生)が夫にならないことも分かりました。

それではNHK朝ドラわろてんかあらすじネタバレ2週11話を紹介します。

わろてんかあらすじネタバレ2週11話の前に10話おさらい

NHK朝ドラわろてんか2週10話は、大阪で危ないところを見合い相手である伊能栞に助けてもらいました。

そして藤岡てんが危険な地域に行ったことを知って追いかけてきた武井風太と一緒に伊能栞のオフィスに行くことに。

伊能栞が寄席に行っていたのは文化や芸能など全般に興味があり、将来仕事にしたいと考えているから。

そのために大衆演芸を学び直おしています。

翌日、藤岡屋に2人が帰ると父親は大激怒。

藤岡てんを蔵に入れ、北村藤吉から届いた手紙を全て燃やしてしまいます。

そして藤岡てんは北村藤吉は影法師で夢の中の人だったと北村藤吉のことを忘れることに。

藤岡てんが蔵から出してもらえたのは優しい兄のおかげでした。

しかし父と兄は藤岡てんの結納を早めたことで大喧嘩に。

兄は薬品倉庫の火災で藤岡屋が危なくなり、銀行から融資してもらうために藤岡てんの結納を早めたことに気づいていました。

そこへ武井風太が慌ててやってきて、取引先の人たちが押しかけて来ていると、、、

取引先は藤岡屋の薬品倉庫が火災で全焼し倉庫会社が夜逃げしたことや保険がおりないことを知っていました。

それで手形がただの紙切れになってしまうのではと押しかけて来ていたのです。

父親は取引先に支払えるお金がありません。

そこで父親は兄にお店を任せ親戚にお金を借りにいきます。

しかし無理がたたり病弱な兄は倒れてしまいます。

倒れた兄の病状は思わしく、しかも兄に効果がある薬が日本にはありません。

兄の病気が悪化したことで、藤岡屋には笑いが消えてしまいました。

それではNHKわろてんか2週11話のあらすじネタバレに入ります。

わろてんかあらすじネタバレ2週11話,高橋一生は夫にはならない?

伊能栞の父親が「結納の話はなかったことにしてほしい」と藤岡屋に訪れ藤岡儀兵衛に伝えます。

伊能栞の父親は藤岡屋の火災や手形騒ぎで藤岡てんの兄が倒れたことを人づてに聞いたそう。

そして伊能製薬をダシに使われそうになっていることに勘付いたようです。

それで結婚は破談になってしまいました。

藤岡てんの母親で藤岡しずと父親の藤岡儀兵衛が兄の新一のことを2人で話しています。

藤岡しずは医者に「今のうちに家族のみんなとゆっくり過ごさせてください」と言われたと藤岡儀兵衛に伝えます。

新一の余命は医者にも一週間か一ヶ月か分からないそう。

藤岡儀兵衛は新一が店を継ごうと必死になってくれていたのに、薬屋が息子の病気を治せない、、、と落胆。

そこで新一の病気が良くなるようにと母親の藤岡しずはお百度参りをすることに。

すると藤岡てんも一緒にさせてくれとお百度参りを始めます。

母親は藤岡てんに「新一はああ見えてしぶとい子で気張ってくれる」と伝えます。

翌日、藤岡てんは兄がいる離れに顔をだします。

兄は父親のことをとても気にかけていて、「店を大きくして父親を笑わせてあげたかった」と。

そして藤岡てんに「これからはお前がお父さんを笑わせてくれ」と頼みます。

兄曰く、笑うことは人間だけの特権だと。

人間はお金や地位競い合い、そして戦争もするアホな生き物。

人生は思い通りにならず、辛いことだらけだと。

だからこそ笑いが必要になったんだと新一は考えています。

辛い時こそ笑うんだ、みんなで笑うんだと、、、

そして最後に「頼んだで」と藤岡てんと指切りをします。

わろてんかあらすじネタバレ2週11話後編,藤岡しずの夫が自殺未遂?

藤岡てんが兄との話を終え台所に向かうと、父親がいなくなったと大騒ぎになっています。

なんでも父親は番頭に「従業員に暇をだすように。藤岡屋はワシのせいでこの代で終わる、みんなは元気で末永く暮らせ」と言い残しいなくなったとのこと。

家の中はすでに探してみたのですが見つかりません。

武井風太がまさかヘンな気を起こして、、と言い出し、不安になった家族や従業員たちは蔵を見に行きます。

すると父親が縄で自殺しようとしているところを発見し、慌てて止め家族それぞれが父親に声をかけます。

祖母は「藤岡屋の伝統なんて構わない」と。

母は「無口で堅物の人だけど、その仏頂面を眺めていると私は心の底から安心する」と。

藤岡てんは「ウチはお父さんの雷が怖くてたまらないけど叱ってくれて本当は感謝してる」と。

妹は「お父さんが大好き」だと。

父親が自殺しないように皆で押さえていたことが裏目にでて、父親は乗っていた台から落ち、家族や従業員の全員が倒れ込んでしまいます。

 

 

倒れ込んだ父親は「お前ら何言ってるのだ、危ないじゃないか」と。

じつは父親は自殺するつもりは全くなく、藤岡てんの結納品を蔵で片づけていたのだそう。

すると家族や従業員はキョトンとしたあと大笑い。

父親も大笑いです。

そして父親は「笑いは人を幸せにする薬なんだ」と呟きます。

仏頂面の父が笑っている声を離れから聞いた兄は涙ぐみ、そして嬉しそうに微笑みます。

父親は藤岡てんや兄の気持ち、そしてみんなの気持ちに笑い泣きました。

 

NHK朝ドラわろてんか2週11話はここで終わりです。

わろてんかあらすじネタバレ2週11話の感想,高橋一生が夫にならずシズの夫は自殺未遂?

NHK朝ドラわろてんか2週11話では、伊能栞の父親に藤岡屋の危機がバレ、伊能栞(高橋一生)と藤岡てんの結婚が破談となってしまいましたね。

伊能栞は藤岡てんの夫にはならないことが分かりました。

もともと伊能栞も藤岡てんも縁談には興味がありませんでしたので、2人にとっては良かったのかもしれません。

ただ藤岡屋は伊能栞と藤岡てんの結婚が破談になったことで、父親が自殺するのではないかと大騒ぎになってしまいましたね。

伊能栞と藤岡てんの結婚には藤岡屋の将来がかかっていたのですから、破談になったことで当主の父親が自殺するかもしれないと思っても不思議ではありませんね。

しかし本人は自殺する気は全くなく、ただ結納の品を片づけていただけとは、、、

大笑いしてしまうのも分かりますよね。

しかし父親はみんなに愛され、大切にされていることが身にしみたことでしょう。

ところでその藤岡屋が舞台になるのは3週目までだそうですよ。

以降は舞台が京都から大阪となるようです。

 

それでは明日のNHK朝ドラわろてんか2週12話を楽しみに待ちたいと思います。

関連記事