主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかあらすじネタバレ4週22話&感想,藤吉が命懸けで幸せにするのは誰?

2017.10.26

わろてんかあらすじネタバレ4週22話と感想をまとめてみました。

わろてんか4週22話では武井風太が妹りんの手紙を届けに北村屋に立ち寄ります。

そして藤岡てんの女中姿を見て驚きます。

しかも北村藤吉には許嫁までいました。

武井風太は藤岡てんを幸せにしてくれると信じていたのに裏切られたような気持ちで北村藤吉を許すことができず殴ってしまいます。

武井風太は藤岡てんを藤岡屋に連れて帰りたいようなのですが、どうなるのでしょうか?

そしてこの事件がますます藤岡てんと北村藤吉の絆を強くします。

しかし北村啄子は焦り、とんでもないことを言いだします。

それではNHKわろてんかあらすじネタバレ4週22話を紹介します。

わろてんかあらすじネタバレ4週22話のまえに21話おさらい

わろてんか4週21話では藤岡てんと杉田楓が商い勝負をしました。

商い勝負は古米と外国米を2人のどっちが多く売れるかを競うものでした。

順調なスタートを切った杉田楓に比べ、藤岡てんの売り上げは思わしくありません。

そこで北村啄子に指摘された身なりや売り方に気をつけ、さらに自分で考えたレシピ提案と試食を始めます。

すると店の前が賑わい、藤岡てんから多くの客が米を買ってくれました。

藤岡てんの米の売り方は、北村屋の家訓「始末・才覚・算用」に当てはまりました。

北村啄子は藤岡てんに北村屋の家訓を教え、藤岡てんが商い勝負の勝者だと伝えます。

 

それではわろてんかあらすじネタバレ4週22話に入ります。

わろてんかあらすじネタバレ4週22話,武井風太が北村屋に!

北村藤吉が早朝からお米の買い付けに出かけます。

先日はお米の買い付けで大失敗をしてしまった北村藤吉ですが、今度は美味しい米を産地から直接買い付けることにしました。

藤岡てんは朝から米の配達準備をしています。

するとそこへ武井風太がやってきます。

武井風太は藤岡てんが女中姿であったこと、さらには北村藤吉に許嫁がいたことに驚きます。

藤岡てんの仕事が一段落すると、武井風太と一緒に女中部屋に行き2人で話し始めます。

武井風太が北村屋に寄ったのは、藤岡てんの妹りんに手紙を預かってきたからのようでした。

どうやら妹りんは結婚する日が決まり、それを伝えたく手紙を書いたようです。

藤岡てんは妹りんの手紙に大喜びです。

手紙を渡した武井風太は北村藤吉に許嫁がいるのを心配し、藤岡てんに一緒に京都へ帰ろうと伝えます。

しかし藤岡てんは父親に藤岡屋の敷居を二度とまたぐなと言われたこと、そして藤岡てんが藤岡屋に帰ってしまったら北村藤吉が一人ぼっちになってしまうことを説明し藤岡屋には帰らないと伝えます。

藤岡てんは以前、北村藤吉が話してくれた実家に笑顔が全くなかったという話を覚えていて、みんなを笑顔にしたいと考えています。

武井風太は藤岡てんの気持ちを察し、何も言うことができなくなりその場を去ることにしました。

 

藤岡てんが階下に降りていくと、北村藤吉の姉の頼子がガタガタと何か引き出しの中を探しています。

頼子は母親の北村啄子が夫のことを嫌っていて夫の物は全て捨てたと言われていましたが、父親が頼子に何か遺してくれていた物がないかと探していたようです。

頼子が言うには、北村屋は北村啄子が仕切っていて頼子にとっては父親となる北村啄子の夫は何の役にも立たない人だと言っていたのだそう。

どうやら北村啄子は行商人の子供で商いの才覚だけはあったよう。

なんでも小さいころから天秤棒担いであっちこっちと行商に歩き、食べるものもなく苦労して育ったのだそう。

わろてんかあらすじネタバレ4週22話後編,北村藤吉が命にかえても藤岡てんを守る?

しばらくすると、北村藤吉が米を持って帰ってきます。

すると武井風太が北村藤吉の前に突然現れ、「お前それでも男か!俺だったら体張って、てんを守りぬく」と胸ぐらをつかみます。

そして「惚れた女も守れんと、ただのボンクラや!」と殴ります。

すると北村藤吉は「約束したこと覚えてるか?」と武井風太に聞いてみます。

すると武井風太は「てんを一生笑わせるいうやつか」と。

北村藤吉は武井風太が覚えていたことを確認し「俺は男の約束いうものは命を懸けてするもんだと思うてる。もしたがいた時は好きにせい」と伝えます。

さらに「おてんちゃんは命にかえても幸せにする」と。

その話を近くで聞いていた北村啄子は息子の言葉にショックをうけ、また胸が痛くなってしまいます。

同じように近くで聞いていた藤岡てんは、武井風太に妹の手紙を持ってきてくれたことに感謝しながらも藤岡屋に帰るように伝えます。

北村藤吉と藤岡てんが2人きりになると北村藤吉は、「すまん、偉そうなこと言って。こんなに苦労ばかりかけているのに、、、」と藤岡てんに謝ります。

すると藤岡てんは「藤吉さんが一人前になるまで支えるのがウチの務め」だと。

そんな藤岡てんの言葉を聞いた北村藤吉は自分より強くなってる藤岡てんに感心します。

藤岡てん曰く、強くなったのは厳しい北村啄子のおかげだと。

 

藤岡てんは女中部屋に戻り、妹りんの手紙を読んでいます。

妹の手紙には、結婚の日取りが決まったこと、夫は立派な人で2人で藤岡屋を継ぐこと、藤岡てんも必ず幸せになるようにと綴られていました。

ちょうど手紙を読み終わった頃、北村啄子が藤岡てんのいる女中部屋を訪ねてきて、一日も早く藤吉郎と杉田楓を結婚させると言い出しました。

それには藤岡てんもビックリです。

北村啄子は北村藤吉と杉田楓が結婚しても女中を続けるなら、杉田楓のお付きの女中になるしかないと言い放ち去っていきます。

一方、藤岡屋に戻った武井風太は藤岡てんの現状を藤岡しずに伝えます。

藤岡しずは娘が北村屋で意地悪されているのを知り、北村屋に行く準備を始めます。

ここでNHKわろてんか4週22話は終わりです。

わろてんかあらすじネタバレ4週22話の感想,北村啄子の嫉妬で藤岡てんとの結婚は許せない?

わろてんか4週22話では武井風太が藤岡てんの妹りんの手紙を預かり仕事ついでに北村屋に寄ることになります。

武井風太は藤岡てんが女中になっているとは全く思っていません。

藤岡屋から駆け落ちしたものの、北村屋で北村藤吉と幸せに暮らしていると思っていたのでしょう。

藤岡てんの幸せな姿を見て帰るつもりが、まさか女中になっているとは武井風太も驚きますよね。

しかもずっと好きだった藤岡てんが女中として働き、手にあかぎれができているのを知ったら、北村藤吉を許せなくなるのは当然です。

北村藤吉は武井風太に幸せにすると約束していたのですから。

しかし藤岡てんは武井風太が一緒に藤岡屋に帰ろうと言っても藤岡屋に帰ろうとしません。

藤岡てんは自分が帰ったら北村藤吉が1人になってしまいうと心配しています。

武井風太にしてみれば、この言葉ほど辛い言葉はなかったのではないでしょうか?

女中扱いされてまでも、北村藤吉のそばを離れようとしないのですから。

個人的には、わろてんか4週22話で感動した場面は「命にかえてもおてんちゃんを幸せにする」と北村藤吉が言ったところでしょうか。

女性なら一度は言われてみたい言葉ですよね。

しかしこの言葉が、北村啄子に焦らせてしまったようです。

北村啄子は息子が藤岡てんを真剣に愛しているのを察し、嫉妬してしまったのかもしれませんね。

北村啄子は北村藤吉と杉田楓の結婚を急かすようになってしまいました。

北村藤吉と杉田楓は結婚してしまうのでしょうか?

それでは明日のNHK朝ドラわろてんか4週23話を楽しみにしたいと思います。

関連記事