主婦のもっと知りたい!を叶えて毎日の楽しみをもっとプラス

わろてんかネタバレあらすじ6週31話&感想,貧乏長屋で啄子が節約を伝授?

2017.11.06

わろてんかネタバレあらすじ6週31話と感想をまとめてみました。

わろてんか6週31話では北村藤吉と藤岡てん、そして北村啄子が売れない芸人が多くすむ貧乏長屋に引っ越します。

貧乏長屋に暮らし始めると北村藤吉と藤岡てんは早速、寄席をはじめようと動きだします。

北村藤吉と藤岡てんはまず寄席小屋が必要だと考え寄席小屋を探し始めます。

しかし寄席小屋が思うように見つかりません。

北村藤吉と藤岡てんは寄席小屋を探すことができるのでしょうか?

それではNHK朝ドラわろてんかネタバレあらすじ6週31話を紹介します。

わろてんかネタバレあらすじ6週31話のまえに30話のおさらい

わろてんか30話では北村藤吉が家も職も失っています。

そんな北村藤吉に藤岡てんは寄席を始めようと提案。

藤岡てんは自分が今までお笑いに救われてきたと感じていて、藤岡てんのようにお笑いを必要としていて人がたくさんいると考えています。

そこで藤岡てんは気楽に見られる寄席を始めようと北村藤吉に伝えます。

そして北村啄子に寄席を始めたいと2人で話します。

しかし北村啄子は猛反対。

その後、北村啄子は家と土地を売り夫と北村藤吉の借金を返済。

北村屋がなくなり里に帰るという北村啄子を藤岡てんが誘い北村藤吉と藤岡てん、北村啄子の3人は今後も一緒に暮らすことになります。

3人の新居は万丈目吉蔵が探してきた売れない芸人が多く暮らす貧乏長屋でした。

それではNHKわろてんかネタバレあらすじ6週31話に入ります。

わろてんかネタバレあらすじ6週31話,啄子が寄席を認める?

北村啄子、北村藤吉、藤岡てんの3人が万丈目吉蔵に案内された新居は売れない芸人が多く暮らす貧乏長屋でした。

北村藤吉たちが到着する前からすでに北村藤吉の新居で芸人たちが宴会をしています。

新居に案内した万丈目吉蔵は部屋で宴会をしていた芸人のアサリ、怪力の岩さん、キースを北村啄子と藤岡てんに紹介。

芸人が自己紹介がてら自分の芸を少しだけ披露しますが、北村啄子は全く笑わず不機嫌な様子。

そして芸人達を帰らせます。

部屋から芸人が出ていくと、北村啄子は北村藤吉に「こんなところに住めと言うのか」と不満をぶちまけます。

北村藤吉は北村啄子をなだめようと「みんな気のいい連中」だと伝えます。

そんな揉めている2人を見ながら藤岡てんは「毎日笑って過ごせそう」だと言います。

 

3人で食事をしていると、北村啄子が今後どうするつもりなのかと北村藤吉に聞きます。

北村藤吉は寄席をやるつもりでいます。

しかし北村啄子は認めようとしません。

ですが北村藤吉もひかず、3ケ月死ぬ気でやってダメだったら諦めると北村啄子を説得。

そんな北村藤吉に北村啄子は1ケ月経ったら諦めてまともな仕事につくようにと伝えます。

とりあえず1ケ月だけでも北村啄子に許可がもらえたことで、北村藤吉と藤岡てんは手を取り合って大喜び。

そんな2人をみて、北村啄子は「北村屋の名を甦らせるまで嫁とは認めない」と藤岡てんに釘をさします。

 

北村藤吉は寄席を始めるにはまず寄席小屋が必要と考えています。

そこで北村藤吉と藤岡てんは寄席小屋を売ってくれるところを探すのですが全く見つかりません。

その話を万丈目吉蔵の嫁の店で話すと「だいたい元手はあるのか?お金がないと夢もへったくれもない」と芸人たちに大笑いされてしまいます。

しかし北村藤吉と藤岡てんは毎日の売り上げからコツコツと払っていこうと考えていました。

その話を聞いて芸人達もそれは良い案だと言います。

そんなやり取りをリリコがこっそり聞いていました。

 

夜になり、北村藤吉と藤岡てんは就寝することに。

すると北村藤吉と藤岡てんの間に北村啄子の布団が敷いてあり、先に北村啄子が寝ています。

北村藤吉と藤岡てんは北村啄子を挟んで川の字で寝ることになってしまいました。

2人は北村啄子を挟んで「頑張ろう」と声を掛け合います。

翌日、寄席小屋を探しに行こうとするとリリコに偶然出会います。

北村藤吉はリリコに長屋に引っ越してきたことを告げます。

するとリリコは引っ越し祝いに忙しくて行けなかったと答えます。

そんなリリコを見て、藤岡てんはいつもと違うと感じていました。

わろてんかネタバレあらすじ6週31話後編,ついに寄席小屋を見つける?

長屋の芸人たちは、草をついています。

北村啄子が芸人たちに何しているのかと聞くと芸人たちはもち米を買うお金がないから草をついて年の瀬気分を味わっていると言います。

芸人たちは北村啄子に一緒にどうかと聞きます。

すると北村啄子はお正月どころではないからお構いなくと言い、ついでに草つきに塩を使っている芸人たちに梅干しを使えと節約方法を教えます。

梅干しのほうが塩より高価だと言う万丈目吉蔵に北村啄子は梅干しをじっと見て唾をだし、草餅を食べれば塩も何も使わず食べれると教え去っていきました。

北村啄子の話を聞いた芸人たちは北村啄子のほうが同じケチでも一枚も二枚も上手だと悟ります。

 

北村藤吉と藤岡てんは年が明けても寄席小屋を探しますが見つかりません。

北村藤吉は寄席小屋を探しながらいつか日本一の席主になりたいと考えています。

北村藤吉と藤岡てんは初詣でもしていなかったと偶然見つけた神社でいい掘り出し物が見つかるようにとお祈りをすることにしました。

初詣を終え帰ろうとすると、神社のすぐそばで寄席小屋に使えそうな物件を見つけます。

その物件は人通りも少ない場所にある、あまりよくない端席でした。

しかし北村藤吉はその物件が気になるよう。

そこで北村藤吉が気になるならと良い物件に違いないと藤岡てんは後押しします。

北村藤吉が使っていないなら安く手に入るかもしれないと話していると「何ゴチャゴチャ話してるんだ」と声をかける男性がいます。

 

ここでわろてんか6週31話は終わりです。

わろてんかネタバレあらすじ6週31話の感想,てんと啄子はじつは良い関係?

わろてんか6週31話では、北村藤吉たちは北村屋を去り売れない芸人が多く住む貧乏長屋で暮らすことになりました。

貧乏長屋でも藤岡てんは芸人たちの芸を毎日楽しく暮らせそうだと言い、北村啄子はこんなところと嘆きます。

そしてまだ藤岡てんを嫁とは認めず、北村藤吉と藤岡てんの間に布団を敷いて意地悪しています。

しかし藤岡てんも北村啄子の意地悪を楽しんでいるようにも感じます。

そして北村啄子は藤岡てんに意地悪するのが元気の源となっているのかもしれません。

もしかしたら藤岡てんと北村啄子は嫁と姑として良い関係なのかもしれませんね。

藤岡てんと北村啄子は北村藤吉という同じ人を大切にしているのですから、気にいらないわけがありません。

北村啄子も本当は藤岡てんを認めているのではないでしょうか。

藤岡てんに対するただの嫉妬なのかもしれませんね。

それでは明日のわろてんか6週32話を楽しみに待ちたいと思います。

関連記事